当山の前住職(第27世)「葬儀・お別れの法会」のご報告

 

島根県浜田市下府の金蔵寺(前住職の生家)ご住職さまにご導師をお勤めいただき、

2018年10月30日に家族葬、19年3月31日13:00~15:30に葬儀と「お別れの法会」を執り行いました。以下は、その記録です。

 

 

①葬儀・法会開催の御案内(当HP上)

当山第27世住職「お別れの法会」3月31日(13:00~15:00)に開催します。

 

前住職(俗名:稲田実乗)は、昨年10月24日に92歳で逝去いたしました。皆さまの暖かいご支援により、50年以上におよぶ奉職を無事に勤め上げることができましたこと、厚く御礼申し上げます。10月30日には家族葬を済ませておりますが、ご門徒・お檀家の皆さまをお迎えして、改めて法会を開催させていただくことになりました。ご参加の皆さまには、正面の山門内のテントにて受付をお済ませくださいますよう、お願い申し上げます。一般のご参拝の方にはご迷惑をおかけ致しますこと、心よりお詫び申し上げます。(3月24日)

 

②ご報告

3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

 

ご門徒・お檀家へのご案内状
ご門徒・お檀家へのご案内状
2018年10月30日に家族葬を行いました。先導は、前住職が育成した当山雅楽会の方々です。
2018年10月30日に家族葬を行いました。先導は、前住職が育成した当山雅楽会の方々です。
2019年3月31日
2019年3月31日
400名近いご参列者の方々、ありがとうございました。
400名近いご参列者の方々、ありがとうございました。
前住職が40年以上も指導した水戸女子高雅楽部による舞い
前住職が40年以上も指導した水戸女子高雅楽部による舞い
前住職の生涯を辿る
前住職の生涯を辿る
前住職が愛した故郷(浜田市下府)の白砂青松
前住職が愛した故郷(浜田市下府)の白砂青松
晩年も、この海に入り少年にかえった。
晩年も、この海に入り少年にかえった。
かつて、大法要では雅楽の舞を披露した。
かつて、大法要では雅楽の舞を披露した。
晩年は、ひたすらお念仏の毎日。。。
晩年は、ひたすらお念仏の毎日。。。
毎夏に栽培し愛した夕顔
毎夏に栽培し愛した夕顔

お葉付きイチョウの黄葉はは、今日・明日(15・16日)が最盛期です。お頂骨堂へ登る参道からも吾国山(わがくにさん)を望む絶景がご覧になれます。ご来山・ご参拝をお待ちしています。(11月15日)

 

今年の銀杏festは、例年より少し早めの11月10日(日)に開催しました。ご参加の皆様、ご来山ありがとうございました。(11月11日)

 

 庵田米の新米が入荷しました。宿坊にてお買い求めください。お電話でのご注文も承っています(郵送には送料がかかります)。詳細は、左側の「庵田米の販売について」をご覧ください。(2019年10月7日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。