24-1  春の市民大学講座2019 のご報告

3月24日11:00~16:00 に以下の2講座が開かれました。

公開講座

 岩本佳久先生(駿台予備学校講師)

  「欧州近代の哲学を学ぼう―デカルトって誰だ?―」

スプリングセミナー

 皆川佳久先生(駒澤女子大学教授)

  「熊野・富士山・日光にみる日本人と宗教」

 

 例年は3月上旬~中旬に開催されることが多いのですが、諸般の事情から今年は初めて3月下旬の開催になりました。「う~! まだ、案内書が来ない! スルーされたのか…」なんて、ヤキモキして申し込みを待っていた皆さま、ご心配をおかけしました。でも、グッと春めいてきましたので、受講者の方々もお出かけしやすかったのではないでしょうか。

 今年の公開講座は、初めて文化を取り上げて見ました。公開講座を立ち上げてからは、イスラム・安保法制・憲法・原発…と、きな臭い政治課題が目白押しだったため、その状況を色濃く反映した講座内容が続きました。これらの政治課題は解決した訳では決してありませんが、幸か不幸が膠着状態が続いていますので、ここら辺で文化問題を取り上げて見ることにしました。「ヨーロッパの哲学」「デカルト」なんて、受講者が集まるのか・・・? と心配したのですが、フタを開けて見ると会場は満席。イスとデスクを増設することになりました。皆さん、勉強したがっているのですね。

 一方のセミナーは、食文化や生活習慣と仏教との関係を扱った昨春のセミナーが非常に好評だったため、その第2段として同じ皆川先生にご講義をお願いしました。昨年同様に(それ以上に)パワーポイントご作成の技術もUPされたようで、素晴らしい画像とご説明が続きました。ちなみに、来春のセミナー2020年3月15日も皆川先生にお願いしてあります

 

 

  岩本先生は駿台倫理科で20数年ご講義を担当されているベテランです。ご専門は、フッサールの現象学(って知っていますか?)。 

 

 実は、主催者としては「欧州近代哲学」の概論をお話いただこうと考えていましたが、ご講義は「デカルト」の話になってしまいました。HP管理人の私には非常に難しかったのですが、受講者の皆さまの感想を聞くと、「面白かった」と。最後の質疑応答では、カントの若手研究者からカントとデカルトの比較に関する質問がでて、さらに難しい話になっていきました。

 

 ところで、皆さんはご講義の最後に出てきたデカルトを招いたスウェーデンのクリスティナ女王については、ご存知なのでしょうか? 自由奔放で、世界史好きの人には大人気の女王さまです。

 

 

 皆川先生は、駒澤女子大学の准教授(昨年)から教授(今年)にご昇進になりました。おめでとうございます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本の宗教は、「ミックスジュース」だそうです(下の写真)。ミックスジュースからは、バナナやリンゴだけを分離することはできませんよね。日本の宗教も、特定の要素だけを取り分けることは不可能だ、ということです。

 

 

――*――*――*――*――*――*――*――

 

以下に公開講座&スプリングセミナーの御案内を再掲しておきます。

 

 

「春の市民大学講座2019」(①公開講座・②セミナーがあります)

 

①公開講座(春)   申込不要・無料

2018年3月24日(日) 11:00~12:30 →盛況のうちに終了しました。

 岩本佳久先生(駿台予備学校講師)

  「欧州近代の哲学を学ぼう―デカルトって誰だ?―」

 

②スプリングセミナー  申込要・有料

2018年3月24日(日) 14:00~16:00 →盛況のうちに終了しました。

 皆川義孝先生(駒澤女子大学教授)

  「熊野・富士山・日光にみる日本人と宗教」

 

 

《岩本佳久先生のプロフィール》

 

1959(昭和34)年、東京に生まれる。上智大学文学部哲学科を経て、同大学院哲学研究科博士前期過程にて修士号取得。東洋大学大学院文学研究科博士後期過程単位取得満期退学。専門は現象学で有名なフッサール。1994年より駿台予備学校で25年にわたり倫理科講師を務める。趣味はチョコレートを中心とするスイーツの食べ歩き。

 

《皆川義孝先生のプロフィール》

■略歴

1968(昭和43)年、神奈川県に生まれる。駒澤大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士後期課程満期退学。修士(日本史学)。駒澤大学開校 120年史編纂室、禅文化歴史博物館を経て、現在は駒澤女子大学教授。
■著書および活動
『栃木の日光街道 -荘厳なる聖地への道―』(共著、下野新聞社)、『中世の城館と集散地』(共著、高志書院)、『日本海域歴史大系 第3巻 中世篇』(共著、清文堂出版)、『神田明神選書1 天下祭読本 幕末の神田明神祭礼を読み解く』(共著、雄山閣出版)、『月潭全龍和尚語録』(共著、国書刊行会)、『永平寺史料全書 文書編』(共著、大本山永平寺)、『鹿沼市史 通史編 原始・古代・中世』(共著、鹿沼市)、『上越市史 通史編2 中世』(共著、上越市)、『新修門前町史 通史編』(共著、門前町)『氏家町史 史料編 古代・中世』(共著、さくら市)ほか

 「夏の市民大学講座」7月21日(土)午後~22日(日)午前に開催します。ご担当の先生とご講義タイトルは、伊藤益先生(筑波大学教授)「『信』の世界―歎異抄をめぐる―」です。まだ受付を開始していませんので、もう少々お待ちください。

 なお、詳細については左側下段の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内をご覧ください。

             (2019年6月19日)

 

 

 

 告白します(-_-″)……これまで運転歴30数年ですが、ずっと「左足ブレーキ」でした(^_^;。

 

 踏み間違いによる痛ましい事故が続いている。高齢者に免許証返納を進める意見もあるようだが、高齢者の人権を無視するような見解には反対である。踏み間違い検知装置の改良、さらには自動運転の普及が究極の解決策になると思うが、より簡単な踏み間違い防止策として、「左足ブレーキ」を強く推薦したい。

 自転車をこぐ時の要領で、左右の足で交互にブレーキとアクセルを踏めば良いのだから、簡単なことだ。両足の筋肉を交互に使うのだから疲れも少ない。踏み替えがないのでブレーキを素早く踏める。段差の乗り越えの時などには、ブレーキを踏みながら微妙なアクセルワークができるので、たいへん重宝である。

 

 インターネットには左足ブレーキのデメリットを指摘する声が溢れているが、食わず嫌いで全く的外れの反対意見である。“身体が不安定になる”こともないし(左足裏全体または左かかとは常にフロアに載せてあるので)、“パニックの際に踏み込むべき足の左右を間違える”などありえない(歩行中や自転車に乗っている時にパニックで左右の足を間違えるだろうか?)。

 昔は、あの厄介で繊細なクラッチ操作を左足で行っていたことを想起してほしい。そもそも右手が利き手の人は、左足が利き足ということをご存知だろうか。よって、“左足でブレーキ操作が上手くできない”といった心配は無用である(少しだけ練習すれば良い)。

 

 ちなみに、私こと当HP管理人はサンデードライバーではない。東京と当山を車で毎週1~2往復し、そして何処へでも車で行きたがる運転好きである。あの複雑なニューヨークやワシントンのハイウェイも、左ハンドル&左足ブレーキで難なく通行できる。雪道の運転も四駆ならば平気だ。その私が、自らの長い経験から強く言いたい。「左足ブレーキで踏み間違いによる事故は激減します」。

 

 左足ブレーキによる安全運転で、どんどん当山に参拝して貰いたいものである(*^_^*)。

    (2019年6月12日) 

  

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。