24-1  春の市民大学講座2019 のご報告

3月24日11:00~16:00 に以下の2講座が開かれました。

公開講座

 岩本佳久先生(駿台予備学校講師)

  「欧州近代の哲学を学ぼう―デカルトって誰だ?―」

スプリングセミナー

 皆川佳久先生(駒澤女子大学教授)

  「熊野・富士山・日光にみる日本人と宗教」

 

 例年は3月上旬~中旬に開催されることが多いのですが、諸般の事情から今年は初めて3月下旬の開催になりました。「う~! まだ、案内書が来ない! スルーされたのか…」なんて、ヤキモキして申し込みを待っていた皆さま、ご心配をおかけしました。でも、グッと春めいてきましたので、受講者の方々もお出かけしやすかったのではないでしょうか。

 今年の公開講座は、初めて文化を取り上げて見ました。公開講座を立ち上げてからは、イスラム・安保法制・憲法・原発…と、きな臭い政治課題が目白押しだったため、その状況を色濃く反映した講座内容が続きました。これらの政治課題は解決した訳では決してありませんが、幸か不幸が膠着状態が続いていますので、ここら辺で文化問題を取り上げて見ることにしました。「ヨーロッパの哲学」「デカルト」なんて、受講者が集まるのか・・・? と心配したのですが、フタを開けて見ると会場は満席。イスとデスクを増設することになりました。皆さん、勉強したがっているのですね。

 一方のセミナーは、食文化や生活習慣と仏教との関係を扱った昨春のセミナーが非常に好評だったため、その第2段として同じ皆川先生にご講義をお願いしました。昨年同様に(それ以上に)パワーポイントご作成の技術もUPされたようで、素晴らしい画像とご説明が続きました。ちなみに、来春のセミナー2020年3月15日も皆川先生にお願いしてあります

 

 

  岩本先生は駿台倫理科で20数年ご講義を担当されているベテランです。ご専門は、フッサールの現象学(って知っていますか?)。 

 

 実は、主催者としては「欧州近代哲学」の概論をお話いただこうと考えていましたが、ご講義は「デカルト」の話になってしまいました。HP管理人の私には非常に難しかったのですが、受講者の皆さまの感想を聞くと、「面白かった」と。最後の質疑応答では、カントの若手研究者からカントとデカルトの比較に関する質問がでて、さらに難しい話になっていきました。

 

 ところで、皆さんはご講義の最後に出てきたデカルトを招いたスウェーデンのクリスティナ女王については、ご存知なのでしょうか? 自由奔放で、世界史好きの人には大人気の女王さまです。

 

 

 皆川先生は、駒澤女子大学の准教授(昨年)から教授(今年)にご昇進になりました。おめでとうございます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本の宗教は、「ミックスジュース」だそうです(下の写真)。ミックスジュースからは、バナナやリンゴだけを分離することはできませんよね。日本の宗教も、特定の要素だけを取り分けることは不可能だ、ということです。

 

 

――*――*――*――*――*――*――*――

 

以下に公開講座&スプリングセミナーの御案内を再掲しておきます。

 

 

「春の市民大学講座2019」(①公開講座・②セミナーがあります)

 

①公開講座(春)   申込不要・無料

2018年3月24日(日) 11:00~12:30 →盛況のうちに終了しました。

 岩本佳久先生(駿台予備学校講師)

  「欧州近代の哲学を学ぼう―デカルトって誰だ?―」

 

②スプリングセミナー  申込要・有料

2018年3月24日(日) 14:00~16:00 →盛況のうちに終了しました。

 皆川義孝先生(駒澤女子大学教授)

  「熊野・富士山・日光にみる日本人と宗教」

 

 

《岩本佳久先生のプロフィール》

 

1959(昭和34)年、東京に生まれる。上智大学文学部哲学科を経て、同大学院哲学研究科博士前期過程にて修士号取得。東洋大学大学院文学研究科博士後期過程単位取得満期退学。専門は現象学で有名なフッサール。1994年より駿台予備学校で25年にわたり倫理科講師を務める。趣味はチョコレートを中心とするスイーツの食べ歩き。

 

《皆川義孝先生のプロフィール》

■略歴

1968(昭和43)年、神奈川県に生まれる。駒澤大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士後期課程満期退学。修士(日本史学)。駒澤大学開校 120年史編纂室、禅文化歴史博物館を経て、現在は駒澤女子大学教授。
■著書および活動
『栃木の日光街道 -荘厳なる聖地への道―』(共著、下野新聞社)、『中世の城館と集散地』(共著、高志書院)、『日本海域歴史大系 第3巻 中世篇』(共著、清文堂出版)、『神田明神選書1 天下祭読本 幕末の神田明神祭礼を読み解く』(共著、雄山閣出版)、『月潭全龍和尚語録』(共著、国書刊行会)、『永平寺史料全書 文書編』(共著、大本山永平寺)、『鹿沼市史 通史編 原始・古代・中世』(共著、鹿沼市)、『上越市史 通史編2 中世』(共著、上越市)、『新修門前町史 通史編』(共著、門前町)『氏家町史 史料編 古代・中世』(共著、さくら市)ほか

3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。法会の様子は、左端「ご報告の部屋」をご覧ください。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

  

 「春の市民大学講座」(3月24日)は無事に終了しました。特に西洋哲学(デカルト)につきましては予想を超えるご来場者があり、関心の高さを感じました。ご参加の皆さま、お疲れ様でした。次の市民大学講座は7月20・21日です。ご参加を心よりお待ち申し上げています。(3月24日)

 

 

 

 

 会うことに意義があったと信じたい。再会は3度目の逢瀬?^_^;に繋がる。

 

 思い起こしてほしい…あの米ソ冷戦が激化していった時代、米英仏ソの4大国首脳がジュネーヴに参会して笑顔で写真に収まり(1955)、フルシチョフが訪米してアイゼンハウアーと会談したこと(59)が、(米大統領はケネディ代わったが)キューバ危機(62)の解決に繋がっていったのは間違いない。

 

 それにしても、「世界を俯瞰する外交」はどうした? これが「制裁・圧力」と言い続けて他人頼みの強硬外交を繰り返してきた結果なのか? 自らが位置する東アジアが大きく地盤変動しつつある時に、全く‘蚊帳の外’に置かれているのは噴飯物でしかない。

 

 再び思い越して欲しい…欧州に多大な惨禍をもたらした第一次世界大戦(1914~18)が終わった100年前、ウィルソン米大統領の唱えた「新外交new diplomacy」  が流行語となって、パリ講和会議(19.1-6)で恒久的平和に向けて熱い議論が繰り返されていた時代を。その時に日本は、「五大国  Big5」(米英仏伊日)の一員として講和会議に加わりながら、経験と語学力の不足そして何よりも平和に向けた ‘理念’ の欠如から、会議では孤立した挙げ句に沈黙を続けて「silent partner」と密かに軽蔑されたのだった。

 

 さらに「民族自決」という国際的潮流を見誤った日本は、朝鮮半島では「三・一独立運動」(19.3)を徹底的に弾圧し、大陸部では権益拡大を強引に追い求めて「五・四運動」(19.5)を引き起こした。…そして日露戦争の勝利でアジアの希望の星と思われていた日本は、アジアの民衆から失望され孤立していく。

 

 知る人によれば、友人を大切にする ‘良い人’ だそうだ。落ち着いた住宅街にあるお坊ちゃま大学を出た(少し単純な思考回路を持つ)男が、したたかな思惑を持った人々に操られて暴走した結果が、孤立した今の状況なのだろう。戦争への道を決定づけた上で内閣を投げ出した近衛文麿と酷似していると思うのは、私だけではないだろう。

 

 しかしながら、個人を批判しても仕方あるまい。二人とも、世論の支持を頼りに暴走していったのだから。あの時代に近衛内閣と大陸への強硬策を熱く支持した日本国民たちも、今の時代に(住民投票に示された)地方の民意を完全に無視し、かつ無形の圧力をかけて公文書や統計数字の偽装を官僚に強いる内閣に高い支持を寄せ続ける国民たち(特に若年層男性)も、時代を超えて共にその責任は重い。

 

 すべては、私たち国民のせいなのだ。(2019.3.4)

 

 

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。