11月8日の親鸞聖人報恩講  では、中央仏教院(西本願寺)OG・OB有志による混声合唱団「衆会(しゅうえ)」の演奏およびボランティアサークル「ほほえむ会」(栃木県小山市)による隠し芸のご披露がありました。

 お経と「おとき」のご接待後の寛いだ雰囲気の中で、お参りの方々もご参加になり、本堂内はとても盛り上がりました。

 

 

 

 11月14~15日の銀杏fest では、笠間国際交流協会木村美枝子氏)による「笠間の民話」朗読およびFl.&Gt.Duo chotto(デュオ チョット)(フルート:中田由紀乃氏/ギター:谷島崇徳氏)による合奏が行われました。

 

「笠間の民話」では当山境内にある「神原の井」も登場し、幽玄な雰囲気の中でのお話となりました。

 

また、フルートとギターの合奏では素晴らしい音色が本堂内に響き渡りました。本堂の天井が高いこともあり、とても音響効果が良いことがわかりました。「心が洗われた」とは聴衆の方のお言葉です。演奏が終わって境内に目を向けると、ライトアップされた銀杏が…。聴衆の皆さんから「ワァ~」との歓声が上がりました。


夏の市民大学講座」(7月21~22日)は会場が一杯となる盛況のうちに、無事に終了しました。親鸞思想の本質を扱った伊藤益先生のご講義に受講者の皆様は引き込まれていました。また、「いのち」をテーマに現代社会の問題点を指摘された最首悟先生のご講義には、受講者の皆様は考え込んでしまったようです。皆様、お疲れ様でした。次の開催は来年の3月第2週を予定しています(7月24日)


 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。