サマーセミナー(稲田禅房20-2「市民大学」講座)のご報告


 7月18日・19日に今井雅晴筑波大学名誉教授および佐藤弘夫東北大学大学院教授をお招きして、恒例のサマーセミナーが開催されました。今年のテーマは、『親鸞聖人と極楽浄土』(今井先生)・『幽霊の発生―怪談から見直す鎌倉仏教と日本文化―』(佐藤先生)です。

 今井先生は、まず仏教伝来以前の日本における他界観について、高天原という観念や古墳や奥津城(神道におけるお墓)を例に挙げて、ご説明くださいました。続いて、仏教伝来以降は補陀落浄土という他界観が出てきたこと、さらに貴族の支配体制が動揺して武士が抗争を繰り返していく中で、「末世」と「末法」が同一視されるようになったとお話が続きます。源信『往生要集』における地獄と極楽に言及された後、最後は親鸞『浄土和讃』『正像末浄土和讃』の内容をご紹介くださいました。ご研究やご講義で滞在されたウズベキスタンやエジプトの写真上映を挟みながら、時折お話が脱線する(その部分こそが興味深いのですが)楽しいご講義でした。

 佐藤先生のご講義は、「なぜ社会の世俗化が進む近世に怪談が興隆するのか?(幽霊が大量発生するのか?)」という問題意識が出発点でした。中世には死者は匿名の存在であり、一部の支配層の場合を除き死者を「ケアするイエ」が未成立であった。このため、死後は仏に委ねられ死者は瞬時に救済される、言い換えれば死者は「この世」にいない。これに対して近世になると、死者は「この世」に留まると考えられ、死者の本籍として墓標や墓石が建てられるようになる。そして、「イエ」の確立に伴い墓に憩うホトケは先祖へと変化し、供養の対象となっていく。イエの格式に従って執り行う供養は死者と生者との契約とされ、契約不履行の場合には死者が幽霊となって生者に復讐することになる。言い換えれば、近世は「死者が記憶されることを要求する時代」であり、このような文脈の中で靖国神社も捉える必要がある。すなわち、天皇のために死んだ者を「身分を超えて神への上昇を保証」し永遠の記憶に留めることにより、「被支配階層の閉塞感」が解放されて国民国家の形成に寄与していく。以上のようなお話でした。難しい内容のお話ですが、それが極めてわかりやすい語り口で説明されていきます。スクリーンに次々に映しだされる幽霊の数々…(画面上だからこそ)興味津々で思わず引き込まれました。

「ご対談」中の今井先生と佐藤先生
「ご対談」中の今井先生と佐藤先生

 なお来年のサマーセミナー(2016年7月16・17日)も、今井先生・佐藤先生のお二人がご担当くださることになっています。








――*――*――*――*――*――*――*――

以下にサマーセミナーの御案内を再掲しておきます。

 

7月18日(土)  12:45開講式、1300~16:00講義(予定)

   今井雅晴先生(筑波大学名誉教授)

    「親鸞聖人と極楽浄土」

7月19日(日) 09:00~12:30講義&対談、12:30閉講式(予定)

   佐藤弘夫先生(東北大学大学院教授)

    「幽霊の発生――怪談から見直す鎌倉仏教と日本文化――」

   閉会後に境内案内tourなどを行いますので、どうぞご参加ください。


●各回とも開会式などを除き3時間、定員70名です。

●受講料は1日のみ3000円、2日で5500円、3日で7500円です。

スプリングセミナーに参加されて3000円をお支払いいただいた方は、サマーセミナーご参加の際には差額のみお支払いください。具体的に言えば、①7月18日または19日のどちらかのみの受講の場合は5500円-3000円=2500円、②7月18日と19日の両日とも受講の場合は7500円-3000円=4500円を、お支払いください。

●3日前までにお申し込み下さい。

●前後に宿坊にお泊まり頂くことも可能です(特別料金2食付7200円/ご予約ください)

●ご昼食用のお弁当もあります(720円/ご予約ください)



■ご講師紹介

【加藤智見先生】

(1)略歴 

1943(昭和18)年、愛知県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。東京大学および早稲田大学講師、東京工芸大学教授などを経て、現在は東京工芸大学名誉教授・同朋大学講師、光専寺(浄土真宗大谷派)住職。専門は宗教学、仏教学。


(2)主要著書

 『親鸞とルター』(早稲田大学出版部)、『ココロの旅からタマシイの旅へ――宗教の理解』・『宗教のススメ――やさしい宗教学入門』・『蓮如入門』・『誰でもわかる浄土三部経』・『世界の宗教と信仰』・『親鸞の浄土を生きる』・『本当の宗教とは何か――宗教を正しく信じる方法――』(大法輪閣)、『いかにして〈信〉を得るか――内村鑑三と清沢満之――』・『蓮如とルター』・『仏像の美と聖なるもの』・『浄土三部経のこころ』(法蔵館)、『他力信仰の本質――親鸞・蓮如・満之』(国書刊行会)、『世界の宗教が面白いほどわかる本』(中経出版)、『見つめ直す日本人の宗教心』(原書房)、『図説あらすじでわかる!親鸞の教え』・『図説あらすじでわかる!歎異抄』・『図説浄土真宗の教えがわかる! 親鸞と教行信証』(青春出版社)ほか。


【今井雅晴先生】

(1)略歴 

1942(昭和17)年、東京都に生まれる。東京教育大学大学院博士課程修了。文学博士。茨城大学教授、プリンストン大学・コロンビア大学客員教授、筑波大学教授などを経て現在は筑波大学名誉教授、真宗文化センター所長。専門は日本中世史、仏教史。


(2)主要著書

『親鸞と東国門徒』・『親鸞と浄土真宗』・『親鸞と東国』(吉川弘文館)、『親鸞と本願寺一族』(雄山閣出版)、『わが心の歎異抄』(東本願寺出版部)、『親鸞の伝承と史実』・『親鸞の家族と門弟』・『恵信尼――親鸞とともに歩いた六十年――』(法蔵館)、『茨城と親鸞』(茨城新聞社)、『親鸞をめぐる人々』・『下野と親鸞』・『親鸞とその家族』・『親鸞と恵信尼』・『親鸞と如信』・『親鸞と東国の人々』『恵信尼さまってどんな方?』・『二十九歳の親鸞聖人』・『親鸞聖人と稲田草庵』・『関白九条兼実をめぐる女性たち』・『親鸞をめぐる人びと』(自照社出版)ほか。

 

【佐藤弘夫先生】

(1)略歴 

1953(昭和28)年、宮城県に生まれる。東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。博士(文学)。盛岡大学文学部助教授、東北大学文学部助教授を経て、現在は東北大学大学院文学研究科教授。専門は日本思想史。


(2)主要著書

『鎌倉仏教』(ちくま学芸文庫)、『ヒトガミ信仰の系譜』・『死者のゆくえ』(岩田書院) 、『日本列島の死生観』(韓国語、図書出版ムン)、『日本中世の国家と仏教』・『霊場の思想』(吉川弘文館)、『立正安国論 全訳注』(講談社学術文庫)、『神国日本』(ちくま新書)、『偽書の精神史』・『起請文の精神史』(講談社選書メチエ)、『概説日本思想史』・『日蓮』(ミネルヴァ書房)、『アマテラスの変貌』・『神・仏・王権の中世』(法藏館)ほか。 

報恩講&銀杏festは無事に終了いたしました。多くの皆さまのご来山、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。(11月20日)

 

【お葉付き銀杏の色づき情報】

黄色い落ち葉の絨毯状態です。

今年は10月の急激な冷え込みのため、例年より2週間ほど早く黄葉のピークおよび落葉を迎えました。来年を楽しみにお待ちください。(11月20日)

 

昨日の風雨でほとんど落葉いたしました。(11月19日)

 

8割の葉が落葉いたしました。

黄色い落葉の絨毯が美しい状態です。(11月17日)

 

少し色づきが深くなってきましたが、まだ散り始めてはいません。あと数日は黄葉が楽しめそうです。(11月11日)

 

ただいま見頃を迎えていますので、ご覧になりたい方はお急ぎください。今年の黄葉は2週間ほど早まっており、荒天になりますと散り始めるものと思われます。(11月6日)

 

 

「庵田米」新米の販売を開始しました。当山宿坊にてお買い求めください。庵田米については、左端をご覧ください(写真もあります)。

 

 

ご連載とスプリングセミナーをご担当くださっていました加藤智見先生は、膵臓ガンのため8月30日にご逝去なさいました。慎んでお悔やみ申し上げるとともに、長年のご執筆・ご講義を心より御礼申しあげます。また、今井雅晴先生のご連載は、ご多忙のため第28回(7月1日)をもって修了とさせていただきました。長期のご連載ありがとうございました。皆さまのご愛読に心より感謝いたしております(9月17日)。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。