【スプリングセミナー(第19-1稲田禅房「市民大学」講座)

今回から、従来の副題「親鸞講座」を「市民大学」講座へと変更しました。セミナーにおける「ご講義」と法要における「ご法話」とを明確に区別するためです。

 ルターは、キリスト教世界における宗教改革(16世紀)の旗手として、世界的に有名です。そのルターを取り上げ、3月9日に「親鸞とルター―世界から見た親鸞像――」と題して、両者の比較研究の第一人者である加藤智見先生(東京工芸大学名誉教授)がお話くださいました。加藤先生と管理人がルターゆかりの地で撮影したスライドを、パソコンを使って上映する新しい試みは、受講者の方々に喜んでいただけたようです。

  「救いの道」の5つの段階について、順番に親鸞とルターを比較しつつ、ご講義は進みました。そして、「苦しみ」を出発点として徹底的に自らの信仰を分析して真剣に生きようとした人間は、日本と欧州という地域の違いや13世紀と16世紀という時代の違いを超えて、「絶対他力」(親鸞)・「信仰のみ」(ルター)により救われるという共通の認識を持つに至る、という結論でご講義は終わりました。“普段は着席と同時に居眠りを始めるが、今日は面白くて一睡もせずに聴講しました”とは、ある受講者の感想です。管理人も同感なのですが、親鸞聖人やルターに見られる内省的な思想は、結果として時代状況を追認することになるのではないか?、それを如何にして政治・社会の現状変革をめざす動きに繋げていくのか?(それとも繋げる必要などないのか?)との疑問を抱きました。
 来年のスプリングセミナー(2015年3月8日)では、加藤先生が「イスラム教」を取り上げてくださいます。イスラム教はジハードを通じて政治や社会体制を大きく変革し、現代社会に大きな存在感を持っていることはご存じの通りです。次回のご講義の中にこそ、管理人の愚問への解答があるのだろうと考えています。

「春の市民大学講座」(3月11日)は、ほぼ席が埋まっている状態でした。ご参加の皆さまのご声援、さらに多額のご寄付、ともにありがとうございました。

(3月12日)

 

夏の市民大学講座」(7月21~22日)の詳細は、近日中に決定します。もう少々お待ちください。

(5月14日)



公開講座「解釈改憲の果てに」齊藤和夫先生は、自衛隊の追認と海外派遣を巡り憲法解釈の変更が積み上げられてきた過程を、解り易くお話くださいました。そのクライマックスが、あの集団的自衛権容認だった訳です。時間切れで「緊急事態条項」のお話を伺うことができなかったのが残念です(次の機会ですね)。

 

受講者アンケートを拝見させていただきましたが、皆さまの改憲問題への関心の高さを実感いたしました。知識を再確認して問題点を整理した上で、「なんとなく賛成or反対層」へ的を射た議論を広げていく必要があるように思いました。巧みなプロパガンダを行う政府の言うままにならない、賢い市民・国民でありたいものです。

セミナー「日本文化と仏教のかかわり―道元の教えを中心に―」では、皆川義孝先生が美しいスライドをお使いになりつつ、禅の思想が日本の食文化に大きく影響していることをお教えくださいました。公開講座の深刻さとは打って変わり、講義室はグッと和らいだ雰囲気です。終講後には「いやぁ~面白かった!」との声が…。永平寺で1年も修行された皆川先生ですので、お話に説得力がありました。また、立派な『英語対訳 典座教訓』を受講者の皆さまに頂戴しましたこと、駒澤女子大学さまに厚くお礼申し上げます。(3月12日)

 

次の「夏の市民大学講座」は、7月21~22日です。

詳細は左端下部の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内」をご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。