【サマーセミナー(第19-2稲田禅房「市民大学」講座】

 

 7月19日・20日に今井雅晴筑波大学名誉教授および小山聡子二松学舎大学准教授をお招きして、サマーセミナーが開催されました。ご講義内容は『仏教の出家と家族』(今井先生)・『親鸞の信仰と呪術』(小山先生)です。 

ご講義後のご対談の様子
ご講義後のご対談の様子

 今井先生は、「親鸞の結婚は正しかったのか?」との問題提起に基づき、「出家とはどのようなものであるか?」を定義された上で、釈迦・西行・法然・親鸞と家族との関係について、お話くださいました。そして、恵信尼さらに義絶したとされる善鸞(義絶の事実は実証できないというのが今井先生の学説です)が、親鸞の思想に大きな影響を与えたことについて、ご講義は進んでいきました。有髪の親鸞像の写真については、受講者から驚きの声があがりました。

 小山先生は、「本当に親鸞は呪術を否定したのか?」との問題提起に基づき、まず中世~現代の呪術について、多くの写真をお使いになりご説明くださいました。その上で、中世には呪術による病気治療に僧侶が大きく関与していたこと、親鸞や家族たちも呪術すなわち「自力」の影響下にあったこと、をお話くださいました。「他力」を説いた法然や親鸞の教えも、天台宗など既存の信仰の延長線上に位置づけられるべきだとの結論となりました。教団による教義とは異なる立論は、とても刺激的でした。

プロジェクターを使ったご講義の様子
プロジェクターを使ったご講義の様子

●次回のスプリングセミナーは、2015年3月8日です。加藤智見先生(東京工芸大学名誉教授)が「イスラム教の信仰と親鸞の信仰」と題して、ご講義くださいます。7月18・19日のサマーセミナーでは、今井雅晴先生(筑波大学名誉教授)が「親鸞と極楽浄土」佐藤弘夫先生(東北大学大学院教授)が「中世から近世の墓所観(仮題)」について、お話くださいます。皆さまのご出席をお待ちしています。

 

 

――*――*――*――*――*――*――

★ご参考までに、以下に2014年度の募集要項を掲載しておきます。今回ご参加にならなかた方も、是非ご参加ください。

 

 

2014年の Spring&Summer Seminar (第19回-1&2 稲田禅房「市民大学」講座)の日程とテーマが決まりました。ご参加をお待ちしています。

 

Spring & Summer Seminarは、大学教授をお招きして行うアカデミックな「市民大学」講座です。法要における法話と明白に区別するため、従来の副題「親鸞講座」を本年度から「市民大学講座」と改称しました。宗教儀礼は本Seminarのスケジュールに入っていませんので、他宗の方や仏教徒以外の方も是非ご参加ください。浄土真宗や日本仏教に閉じ籠もることなく、「世界の中の日本仏教」という視点を大切にし、仏教以外へも対象を広げていく予定です。

 

3月9日(日) 12:45開講式、1300~16:00講義、1600閉講式 

 加藤智見先生(東京工芸大学名誉教授)

   「親鸞とルター――世界からみた親鸞像――」

 ****スプリングセミナーは盛況のうちに終了しました****

   ★次回は2015年3月8日(日)です。

    加藤先生がイスラム教と仏教についてお話くださいます。

 

7月19日(土)  12:45開講式、1300~16:00講義(予定)
 今井雅晴先生(筑波大学名誉教授)
   「仏教の出家と家族――釈迦から親鸞まで――」

7月20日(日) 09:00~12:30講義&対談、1240閉講式(予定)
 小山聡子先生(二松学舎大学准教授)

   「親鸞の信仰と呪術」

   ご講義に続き、今井先生と小山先生のご対談があります。

 閉会後に境内案内tourなどを行いますので、どうぞご参加ください。
 

●各回とも開会式などを除き3時間、定員70名です。

●受講料は1日のみ3000円、2日で5500円、3日で7500円です。
 スプリングセミナーに参加されて3000円をお支払いいただいた方は、サマーセミナーご参加の際には差額のみお支払いください。具体的に言えば、7月19日または20日のどちらかのみの受講の場合は5500円-3000円=2500円、7月19日と20日の両日とも受講の場合は7500円-3000円=4500円を、お支払いください。

●3日前までにお申し込み下さい。

●宿坊にお泊まり頂くことも可能です(特別料金2食付税込7200円/ご予約ください)

●ご昼食用のお弁当もあります(税込720円/ご予約ください)

 

■ご講師紹介

加藤智見先生

(1)略歴 
1943(昭和18)年、愛知県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。東京大学および早稲田大学講師、東京工芸大学教授などを経て、現在は東京工芸大学名誉教授・同朋大学講師、光専寺(浄土真宗大谷派)住職。専門は宗教学、仏教学。

(2)主要著書
『親鸞とルター』(早稲田大学出版部)、『ココロの旅からタマシイの旅へ――宗教の理解』・『宗教のススメ――やさしい宗教学入門』・『蓮如入門』・『誰でもわかる浄土三部経』・『世界の宗教と信仰』・『親鸞の浄土を生きる』・『本当の宗教とは何か――宗教を正しく信じる方法――』(大法輪閣)、『いかにして〈信〉を得るか――内村鑑三と清沢満之――』・『蓮如とルター』・『仏像の美と聖なるもの』・『浄土三部経のこころ』(法蔵館)、『他力信仰の本質――親鸞・蓮如・満之』(国書刊行会)、『世界の宗教が面白いほどわかる本』(中経出版)、『見つめ直す日本人の宗教心』(原書房)、『図説あらすじでわかる!親鸞の教え』・『図説あらすじでわかる!歎異抄』・『図説浄土真宗の教えがわかる! 親鸞と教行信証』(青春出版社)、『知らないと恥をかく世界の三大宗教』(PHP研究所)ほか。

 

今井雅晴先生
(1)略歴 
1942(昭和17)年、東京都に生まれる。東京教育大学大学院博士課程修了。文学博士。茨城大学教授、プリンストン大学・コロンビア大学客員教授、筑波大学教授などを経て現在は筑波大学名誉教授、真宗文化センター所長。専門は日本中世史、仏教史。

(2)主要著書

『親鸞と東国門徒』・『親鸞と浄土真宗』・『親鸞と東国』(吉川弘文館)、『親鸞と本願寺一族』(雄山閣出版)、『わが心の歎異抄』(東本願寺出版部)、『親鸞の家族と門弟』『恵信尼――親鸞とともに歩いた六十年――』(法蔵館)、『親鸞とその家族』・『親鸞と恵信尼』・『親鸞と如信』・『親鸞と東国の人々』『恵信尼さまってどんな方?』・『二十九歳の親鸞聖人』・『親鸞聖人と稲田草庵』・『関白九条兼実をめぐる女性たち』・『親鸞をめぐる人びと』(自照社出版)ほか。

 

【小山聡子先生】

(1) 略歴

1976年(昭和51年)、茨城県に生まれる。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。博士(文学)。浜松医科大学医学部専任講師、リュブリャナ大学文学部客員教授などを経て、現在は二松学舎大学文学部准教授。専門は、日本中世宗教史。

(2)主要著書・論文

『護法童子信仰の研究』(自照社出版)・『親鸞の信仰と呪術』(吉川弘文館)・『源平の時代を視る』(共編著、思文閣出版)・「鎌倉時代前期における病気治療」(『明月記研究』第13号)・「存覚と自力信仰」(『日本歴史』第765号)・「覚如と呪術信仰」(『中世文化と浄土真宗』思文閣出版)・「晩年の存覚と『看病用心鈔』の書写」(『日本医史学雑誌』第58巻-3号)・「護法童子信仰の成立と不動信仰」(『論集 文学と音楽史』和泉書院)ほか。

 

 

 

 ご年配の受講者が多い状況を勘案して、「夏の市民大学講座」中止することに致しました。

 経済活性化を優先する crazyな政府の方針に反しますが、コロナ再拡大が進んでいる現状では市民大学講座を開催するべきではないと考えた次第です。ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。どうぞ皆さまお元気でお過ごしください。再びお目にかかれる日を楽しみにしております。

          (2020年7月5日)

 

   

夏期(3月下旬~11月中旬)の開門時間は8:30~16:30です。

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。