【鐘楼再建落慶法要のご報告】

 当山の梵鐘および鐘楼(梵鐘堂)は、戦後まもない1952年(昭和27年)に門徒の方々のご尽力により、戦後復興への願いを込めて建立されたものです。残念ながら老朽化が甚だしく基礎も傾いてきたため、約20年前より使用を中止していました。その後、約10年の準備期間を経て再建日程が決まりましたが、東日本大震災により1年間延期した上で昨年秋に着工し、今春完成の運びとなった次第です。新鐘楼は、従来の山門横ではなく「旧ご頂骨堂跡地」に再建されました。
 落慶法要(2013年4月6日)は、工事が未完成の上に悪天候が予想されたため、新鐘楼前での式典を中止して本堂内で行われました。多く方々のご参列の下、雅楽の生演奏を挟みながらの読経を経て、衆会(しゅうえ/中央仏教学院卒業生有志による合唱団)による記念合唱と、プログラムは進みます。そして、本堂内を埋め尽くす美しい女性コーラスのメロディーと力強い男性コーラスのハーモニーに酔いしれていると…、鐘楼より梵鐘の懐かしい音色が稲田山山麓に響き渡りました。新鐘楼の写真は、工事完成後に掲載いたします。

新鐘楼の方角に臨み読経が行われました。左端は雅楽の楽人の皆さんです。

次々とお焼香される参列者の方々。悪天候が予想されたにもかかわらず、多くの方々が遠方よりお越しになりました。

中央仏教学院卒業生有志による合唱団「衆会(しゅうえ)」の美しい混声合唱が、本堂内に響きわたりました。昨年のサマーセミナー後に行われたミュージカルに続き、衆会の皆様、素晴らしい合唱をありがとうございました。

完成した新鐘楼

皆様のご尽力により、遂に新しい鐘楼が6月9日に完成いたしました。ご支援を心よりお礼申し上げます。なお引き続いて、鐘楼周囲の復旧整備および緑化工事を行う予定です。20年ぶりの「除夜の鐘」を楽しみにお待ちください。

 

「春の市民大学講座」(3月11日)は、ほぼ席が埋まっている状態でした。ご参加の皆さまのご声援、さらに多額のご寄付、ともにありがとうございました。

(3月12日)

 

夏の市民大学講座」(7月21~22日)の詳細は、近日中に決定します。もう少々お待ちください。

(5月14日)



公開講座「解釈改憲の果てに」齊藤和夫先生は、自衛隊の追認と海外派遣を巡り憲法解釈の変更が積み上げられてきた過程を、解り易くお話くださいました。そのクライマックスが、あの集団的自衛権容認だった訳です。時間切れで「緊急事態条項」のお話を伺うことができなかったのが残念です(次の機会ですね)。

 

受講者アンケートを拝見させていただきましたが、皆さまの改憲問題への関心の高さを実感いたしました。知識を再確認して問題点を整理した上で、「なんとなく賛成or反対層」へ的を射た議論を広げていく必要があるように思いました。巧みなプロパガンダを行う政府の言うままにならない、賢い市民・国民でありたいものです。

セミナー「日本文化と仏教のかかわり―道元の教えを中心に―」では、皆川義孝先生が美しいスライドをお使いになりつつ、禅の思想が日本の食文化に大きく影響していることをお教えくださいました。公開講座の深刻さとは打って変わり、講義室はグッと和らいだ雰囲気です。終講後には「いやぁ~面白かった!」との声が…。永平寺で1年も修行された皆川先生ですので、お話に説得力がありました。また、立派な『英語対訳 典座教訓』を受講者の皆さまに頂戴しましたこと、駒澤女子大学さまに厚くお礼申し上げます。(3月12日)

 

次の「夏の市民大学講座」は、7月21~22日です。

詳細は左端下部の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内」をご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。