飛田硯水先生
飛田硯水先生

飛田硯水画伯「水墨画展」を当山客殿特設ギャラリーにて開催中です(4月27日~5月6日)。飛田画伯は笠間市出身の水墨画家で、内閣総理大臣賞・文部大臣賞などを受賞され、現在は日本水墨院の副理事長としてご活躍中で、今回は素晴らしい40点の水墨画を展示していただきましたので、是非お立ち寄りください。

 

 

   飛田先生の「水墨画展」は無事に終了しました。

   期間中には、数百名の方々がご来場になり、先生も連日ご説明でお忙しそうでした。ご来場された皆様そして飛田先生、ありがとうございました。なお、ご奉納くださいました水墨画4点は、宿坊内に引き続き展示しております。

  また、国立新美術館(六本木)にて開催される日本水墨院展(6月26日~7月7日 )出品の大作「親鸞霊木」は、ご奉納後に本堂内に展示させていただく予定です。楽しみにお待ちください。

ご奉納された「玉川噴気孔」(中央)
ご奉納された「玉川噴気孔」(中央)
飛田先生の水墨画絵葉書は当山にて引き続き販売しています。
飛田先生の水墨画絵葉書は当山にて引き続き販売しています。


夏の市民大学講座」(7月21~22日)は会場が一杯となる盛況のうちに、無事に終了しました。親鸞思想の本質を扱った伊藤益先生のご講義に受講者の皆様は引き込まれていました。また、「いのち」をテーマに現代社会の問題点を指摘された最首悟先生のご講義には、受講者の皆様は考え込んでしまったようです。皆様、お疲れ様でした。次の開催は来年の3月第2週を予定しています(7月24日)


 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。