「親鸞と現代の諸問題――高齢化社会の問題と親鸞の信仰――」と題して、加藤先生が2ヵ月ごとに書いてくださることになりました。加藤先生、よろしくお願い申し上げます(当HP管理人)。

ご連載本文については、左端の第1回……をクリックしてください。

 

 

加藤智見先生のプロフィール

 《略歴》                                                             
1943(昭和18)年、愛知県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了。東京大学および早稲田大学講師、東京工芸大学教授などを経て、現在は東京工芸大学名誉教授・同朋大学講師、光専寺住職(真宗大谷派)。専門は宗教学、仏教学。

 

《主要著書》
『親鸞とルター』(早稲田大学出版部)、『ココロの旅からタマシイの旅へ――宗教の理解』・『宗教のススメ――やさしい宗教学入門』・『蓮如入門』・『誰でもわかる浄土三部経』・『世界の宗教と信仰』・『親鸞の浄土を生きる』・『本当の宗教とは何か――宗教を正しく信じる方法――』(大法輪閣)、『いかにして〈信〉を得るか――内村鑑三と清沢満之――』・『蓮如とルター』・『仏像の美と聖なるもの』・『浄土三部経のこころ』(法蔵館)、『他力信仰の本質――親鸞・蓮如・満之』(国書刊行会)、『世界の宗教が面白いほどわかる本』(中経出版)、『見つめ直す日本人の宗教心』(原書房)、『図説あらすじでわかる!親鸞の教え』・『図説あらすじでわかる!歎異抄』・『図説浄土真宗の教えがわかる!親鸞と教行信証』(青春出版社)、『知らないと恥をかく世界の三大宗教』(PHP)ほか。

 

当山の公開講座にご出講予定の最首悟先生ご一家が、7月21日 21:00「NHKスぺシャル/ともに、生きる―障害者殺傷事件2年の記録―」に、ご出演されます。翌日の当山におけるご講演「いのちをめぐって」と併せてご覧ください。

(7月19日)

 

夏の市民大学講座」(7月21~22日)の詳細が決まりました。今回は伊藤益先生・最首悟先生がご出講くださいます。 左端下部の「公開講座・Spring & Summer Seminarのご案内」をご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています(5月25日)

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。