第18回  2016年3月1日    東京工芸大学名誉教授 加藤智見

【連載・世界の三大宗教を学ぶ (7)世界の三大宗教を比較する】

 

 今回は、今まで学んできました三大宗教を、それぞれの⑴開祖、⑵教え、⑶信仰対象、⑷信仰の特徴を軸にして比較してみたいと思います。

(1)開祖
[仏教]
釈迦(前463~383、566~486など諸説)
王シュッドーダナと妃マーヤーの間に生誕。29歳で出家。修行の後、菩提樹のもとで瞑想中に真理を悟 る。その後、各地で説法。80歳で病没。

 

[キリスト教]

イエス(西紀初年前後~30頃)
処女マリアが聖霊によって身籠り生む。30歳頃、洗礼を受ける。聖霊が降りてきたことを感じ、伝道を開始。33歳頃、捕らえられ磔刑に。三日後に復活。

 

[イスラム教]
ムハンマド(後570頃~632)
メッカのハーシム家に生誕。40歳頃、アッラーの啓示を受け宣教を開始。批判・攻撃にさらされる。622年メディナに逃れる。630年、メッカを征服。2年後病死。

 

●釈迦とムハンマドは人間の子として生誕したが、イエスは神の子として生

 誕したという。釈迦は自ら瞑想し真理を見出したが、イエスとムハンマド

 は啓示によって真理を得た点に特徴。また釈迦とムハンマドは自然な死に

 方であるが、イエスは死後、復活した点に特徴



⑵教え
[仏教]
①縁起
どんなものも縁により起り、単独に成立するものはない。
②四諦・八正道(したい・はっしょうどう)
四諦とは四つの真理で、苦諦(人間は苦に囲まれている)・集諦(じったい、苦の原因は欲望にある)・滅諦(欲望を滅すれば苦も滅することができる)・道諦(苦を滅するには八つの道がある)。八つの 道とは、正見・正思・正語・正業(しょうごう)・正命(しょうみょう)・正精進・正念・正定(しょうじょう)のこと。これを実践すれば苦から解放される。

 

[キリスト教]
①贖罪
イエスは、すべての人間の罪を背負って十字架上で亡くなった。神ヤハウェはイエスを復活させ、天に昇らせることでイエスの贖罪を受け入れた。このことを信じることによってのみ、人は罪から赦される。
②アガペー
「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と『新約聖書』にあるように、無償の愛を教える。


[イスラム教]
①六信
1.アッラーのみを信じる。 2.アッラーの使者である天使を信じる。 3.啓示の書『コーラン』を信じる。 4.最後の預言者ムハンマドを信じる。 5.来世を信じる。 6.神の予定を信じる。
②五行(ごぎょう)
1.信仰告白(シャハーダ)。 2.礼拝(サラート)。 3.喜捨(ザカート)。 4.断食  (サウム)。 5.巡礼(ハッジ)。 イスラム教では、信仰(六信)と同等に行(五行)も 重んじられる。


●仏教は釈迦によって理論的に思索された真理を信じ、真理と一体になる実

 践が重視され、キリスト教では世界の創造者の意志に背いて犯した罪を贖

 罪を通して気づきイエスを信じること、イスラム教では神を徹底的に信じ、 同時に善行をなすことが重視されることが特徴。



⑶信仰対象
[仏教]
→仏(ブッダ)
仏教の仏は、「成仏」といわれるように、人間が成るもの。「一切衆生悉有仏性」という言葉があるように、あらゆるものはすべて仏になる本性を宿す。釈迦も仏になった一人。仏の語源「仏陀(ブッダ)」(Buddha) には、真理にめざめた人(覚者)を意味する普通名詞と、歴史上存在した釈迦を指す固有名詞との二つの意味がある。その境地に至った存在すべてが仏。このため仏は多く、諸仏といわれる。


[キリスト教]
→ヤハウェ
キリスト教の神は、父なる神である。この神は万物を創造し、恵みを与え、守り、そして最後まで導く存在。万物の中でも、人間に対しては特別に祝福し、たとえ神に背反して罪を犯しても見捨てることはせず、この人間を救うためにあらゆることをするという。また神の子としてのイエスを信仰し、カトリックではイエスの母マリアも尊崇する。


[イスラム教]
→アッラー
イスラム教の信仰対象は唯一なる神アッラーのみ。アッラーは、『コーラン』に「これぞ神にして唯一者、神にして永遠なる者。生まず、生まれず、一人として並ぶ者はない」といわれるように、唯一にして絶対の神。あらゆるものを超越した神であり、何かから生まれたという存在でもないし、何かを生むというような存在でもない。したがってキリスト教徒がイエスを神の子とすることは認めない。


●仏教の崇拝対象の仏とキリスト教・イスラム教の崇拝対象の神とは、まっ

 たく違う。仏はあくまで人間が成るものであり、すでに成った仏を崇拝し

 信じ、その教えを学び、実践して自らも仏に成るのである。後者の神は人

 間を創造した存在であり、人間の成れるものではない。ただひたすら救い

 を願う存在である。
             


(4)信仰の特徴
[仏教]
→信解型
*疑いを除くために、よく聞き、理解し、納得して信じる信仰。
*信じることと理解することが表裏している信仰。
*教えによって執着を離れ、清らかになると得心して信じる信仰。


[キリスト教]
→契約型
*自分が神に心をかけられていると気づく感謝から生まれる信仰。
*自分の行為ではなく、神が引き起こしてくださると信じる信仰。
*神と人間の堅く強い絆、契約を基とするところに生まれる信仰。


[イスラム教]
→服従型
*徹底して神を畏れ、すがり、頼り切るところに生まれる信仰。
*ひたすら服従する態度の中に生まれてくる信仰。
*神を信じ、神の前で善行をすれば神が喜ばれると信じる信仰。

 

●仏教の信仰は、釈迦によって悟られた真理、考えぬかれて至られた静寂な

 境地を理解して信じる冷静な信仰。キリスト教の信仰は圧倒的に強力な神

 の人間への働きかけに感謝する信仰。イスラム教の信仰は神の強烈な働き

 かけに服従し、安心し、善行に励もうとする信仰。

 


 以上、世界の三大宗教について比較してみましたが、仏教はどこか哲学的な印象を受けます。またキリスト教とイスラム教は砂漠から生まれた宗教で、熱くはげしい印象を与えます。これらの特徴を理解し、世界の現状を考えていただければ、きっと参考になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。法会の様子は、左端「ご報告の部屋」をご覧ください。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

  

 「春の市民大学講座」(3月24日)は無事に終了しました。特に西洋哲学(デカルト)につきましては予想を超えるご来場者があり、関心の高さを感じました。ご参加の皆さま、お疲れ様でした。次の市民大学講座は7月20・21日です。ご参加を心よりお待ち申し上げています。(3月24日)

 

 

 

 

 会うことに意義があったと信じたい。再会は3度目の逢瀬?^_^;に繋がる。

 

 思い起こしてほしい…あの米ソ冷戦が激化していった時代、米英仏ソの4大国首脳がジュネーヴに参会して笑顔で写真に収まり(1955)、フルシチョフが訪米してアイゼンハウアーと会談したこと(59)が、(米大統領はケネディ代わったが)キューバ危機(62)の解決に繋がっていったのは間違いない。

 

 それにしても、「世界を俯瞰する外交」はどうした? これが「制裁・圧力」と言い続けて他人頼みの強硬外交を繰り返してきた結果なのか? 自らが位置する東アジアが大きく地盤変動しつつある時に、全く‘蚊帳の外’に置かれているのは噴飯物でしかない。

 

 再び思い越して欲しい…欧州に多大な惨禍をもたらした第一次世界大戦(1914~18)が終わった100年前、ウィルソン米大統領の唱えた「新外交new diplomacy」  が流行語となって、パリ講和会議(19.1-6)で恒久的平和に向けて熱い議論が繰り返されていた時代を。その時に日本は、「五大国  Big5」(米英仏伊日)の一員として講和会議に加わりながら、経験と語学力の不足そして何よりも平和に向けた ‘理念’ の欠如から、会議では孤立した挙げ句に沈黙を続けて「silent partner」と密かに軽蔑されたのだった。

 

 さらに「民族自決」という国際的潮流を見誤った日本は、朝鮮半島では「三・一独立運動」(19.3)を徹底的に弾圧し、大陸部では権益拡大を強引に追い求めて「五・四運動」(19.5)を引き起こした。…そして日露戦争の勝利でアジアの希望の星と思われていた日本は、アジアの民衆から失望され孤立していく。

 

 知る人によれば、友人を大切にする ‘良い人’ だそうだ。落ち着いた住宅街にあるお坊ちゃま大学を出た(少し単純な思考回路を持つ)男が、したたかな思惑を持った人々に操られて暴走した結果が、孤立した今の状況なのだろう。戦争への道を決定づけた上で内閣を投げ出した近衛文麿と酷似していると思うのは、私だけではないだろう。

 

 しかしながら、個人を批判しても仕方あるまい。二人とも、世論の支持を頼りに暴走していったのだから。あの時代に近衛内閣と大陸への強硬策を熱く支持した日本国民たちも、今の時代に(住民投票に示された)地方の民意を完全に無視し、かつ無形の圧力をかけて公文書や統計数字の偽装を官僚に強いる内閣に高い支持を寄せ続ける国民たち(特に若年層男性)も、時代を超えて共にその責任は重い。

 

 すべては、私たち国民のせいなのだ。(2019.3.4)

 

 

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。