第15回 2015年9月1日   東京工芸大学名誉教授 加藤智見

【連載・世界の三大宗教を学ぶ (4)キリスト教の教えとその特徴】


 先回はキリスト教の開祖イエスの生涯について学びましたので、今回は彼が説いた教えのうち、(1)神、(2)神の国、(3)神の愛を学び、キリスト教の特徴について考えてみます。


  まず、右の写真を見ていただきたいと思います。この写真は東京都内の墓地で撮影させていただいたクリスチャンのお墓です。表面に「わたしは信じる」としるされている点にご注意ください。日本の伝統的なお墓の表面なら、「○○家の墓」「南無阿弥陀仏」「倶会一処」などの文字が刻まれているのが一般的です。しかしこのお墓には「私は信じる」という個人の意志表示が刻まれているのです。普通の日本人なら、なぜ墓石にまでこんな言葉を刻むのかと不思議に思う人が多いでしょうが、これがキリスト教なのです。

 キリスト教では、当事者個人が、ただ一人の神を選び、その神と強い信仰関係を結び、この関係の中で自分の生活を律し、最終的にはすべてを神にゆだね、人生を終わって神のもとに行くのです。たとえばスポーツの世界でも、選手がホームランを打ったり、ゴールにシュートを決めたりすると、まず神に感謝する姿が見られます。人間に感謝するより、まず神に感謝するのです。神と自己との関係が濃厚で、神の意志と自分の意志の結合を非常に大切にして生きているのです。日本人は血のつながりを大切にしますが、キリスト教徒はそれ以上に神の意志との結合を重んじるのです。したがって神といってもキリスト教の神と日本の神々とは、非常に異なった存在となります。

 ではこのような強力なキリスト教の神とキリスト教徒の結合を可能にしている根拠を考えることによって、キリスト教の教えとその特徴について考えてみます。


(1)神

 最初にキリスト教の神について考えてみますが、あるとき、イエスの前にユダヤ教の律法学者や律法を厳格に守ろうとするパリサイ派の人々が、姦淫をした一人の女を連れてきました。ユダヤ教の律法によれば姦淫した女は石で打つべしと定められているが、どうすべきかといって彼を試そうとしました。なぜ試そうとしたかといいますと、実はイエスが説法する内容が、従来のユダヤ教の教えと違うようなところがあると、ユダヤ教の人々が気づきはじめていたからです。イエス自身は一生懸命にユダヤ教の核心について説法していると信じていたのですが、説法すればするほど伝統的なユダヤ教の教えと違う点が出てきていたのです。この違いがのちにユダヤ教からキリスト教が生まれる原動力になったのですが……。イエスの答えたことと、このときの様子が聖書には、次のようにしるされています。「『あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい』。……これを聞くと、彼らは年寄から始めて、ひとりびとり出て行き、ついに、イエスだけになり、女は中にいたまま残された。……イエスは言われた、『わたしもあなたを罰しない。お帰りなさい。今後はもう罪を犯さないように』」(ヨハネ福音書8・7~11)

 イエスによれば、神の愛は罪人こそを救おうとする愛でした。従来のユダヤ教では律法を守る者を神は救ったのですが、イエスはこれを守れない者こそが神によって救われると考えたのです。律法を守れない自分の罪を正直に告白し、悔いる罪人こそが神に救われるのです。自分が罪深いと気づく者のほうが、神の愛を深く感じることができるのです。律法を守っていると自信をもつ者は、とかく自分にうぬぼれ、神の愛に気づけない。イエスは徹底して神の意志を追求していたのです。神の強い意志と人間の神への意志が結合するところに信仰の意味を求めていったのです。ですからイエスにおいては、律法を守ることよりも罪を反省して神の意志を信じることのほうが大切だということになったのです。このような信仰によれば、信仰のないユダヤ人よりも信仰のある異邦人のほうが神の意志に合うことにもなります。ここにやがてイエスの教えがユダヤ人の枠を超えて世界宗教としてのキリスト教になっていく根拠が見つかりますし、信じることが最も重要だとするキリスト教の特徴が理解されます。


(2)神の国

 人間ではなく、神が支配し統治する国を「神の国」というのですが、イエスはこの神の国を独自にとらえました。当時のユダヤ教では、地上的なユダヤ国家の再興こそが神の国の実現であると考え、剣をとって戦う者も多かったのです。そのような彼らに「剣をとるものはみな、剣で滅びる」とイエスは説きました。彼によれば、神の国は人の目に見えるような自然的な発想に立つものではなく、信仰によって神と結びつく心の中に現われる超自然的な発想に立つものでした。つまり人間の願望によって求められるような国ではなく、神が信仰をもつ人間のために築いてくださる超自然的な発想に基く国なのです。だから信仰のない者には見えない国であり、信仰のある者の心の中に見られるものだというのです。次のような記述があります。「神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので、イエスは答えて言われた。『神の国は、見られるかたちで来るものではない。また「見よ、ここにある」「あそこにある」などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ』」。(ルカ福音書17・20~21)

 つまり誰もが見得る自然的発想に立つものではなく、信じる者の心の中に生まれる、自然的発想を超えたものなのです。ということは、一人ひとりの信じる心・精神が問題にされていることであって、信仰をもつかどうかの意志決定が求められているのです。


(3)神の愛

 このように精神的に神の国をとらえる考え方は、一人ひとりの内面を問題にすることに

なります。マタイ福音書のいわゆる山上の垂訓にしるされているように、きびしい倫理的反省と決断が必要となり、形式主義にこだわりすぎたパリサイ派の人々の考えと真っ向から対立することになりました。イエスは次のようにいいました。「もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。……もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい」(マタイ福音書5・29~30)。また「『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ」(同5・43~44)ともいいました。

 隣人を愛しなければならないという教えは必ずしもキリスト教特有のものではありませんし、人間の自然な発想から生まれるものでもあります。しかし敵を愛し、迫害する者のために祈れというのは、独自であって、超自然的、神的な愛です。神に愛され、神とともにいなければ生まれない発想でありましょう。ということは、常にただ一人の神に全関心を集約し、ひたすら信じ、その神にしたがう意志を表明し、その意志を鮮烈にしていかなければなりません。そうでなければ到底敵を愛することなどできません。こうして自分の信じる意識を強めていくところに信仰の純粋さ、強さを求めるキリスト教の特徴がうかがえます。

 さて、ここで右の写真をご覧ください。この写真は日本のあるところで撮影したものですが、薬師如来と浅間神社が隣り合って祀られています。浅間神社は神道の神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る神社です。キリスト教からすれば、どうしてこのように違う宗教の崇拝対象を同時に祀り、信じることができるのかという疑問が生まれるでしょう。紙数の関係で、今は詳しくは説明できませんが、仏教と神道の二つの宗教は、信じようとする意識を消していくことにその意義を見ようとするところがあるのです。日本の宗教には、信じる対象に固執することをむしろ否定する傾向があるのです。仏教の薬師如来を信じることができるようになれば、おのずから神道の神も信じられるようになる、逆もしかりというあり方なのです。個人の意識を消去していくところに宗教的な理想を置く特徴があるのです。

 これに対し、キリスト教においてはただ一人の神を信じ、他の崇拝対象を認めず、常にその神とともに生き、神への信仰を表明しなければなりません。この点をよく表しているのが、実は冒頭の写真であり、ここにキリスト教の特徴があるのです。

 もっとも、日本人の宗教の中でも、仏教の浄土教などにはこのキリスト教と似た面もありますが、これについては別の機会に触れてみたいと思います。


3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。法会の様子は、左端「ご報告の部屋」をご覧ください。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

  

 「春の市民大学講座」(3月24日)は無事に終了しました。特に西洋哲学(デカルト)につきましては予想を超えるご来場者があり、関心の高さを感じました。ご参加の皆さま、お疲れ様でした。次の市民大学講座は7月20・21日です。ご参加を心よりお待ち申し上げています。(3月24日)

 

 

 

 

 会うことに意義があったと信じたい。再会は3度目の逢瀬?^_^;に繋がる。

 

 思い起こしてほしい…あの米ソ冷戦が激化していった時代、米英仏ソの4大国首脳がジュネーヴに参会して笑顔で写真に収まり(1955)、フルシチョフが訪米してアイゼンハウアーと会談したこと(59)が、(米大統領はケネディ代わったが)キューバ危機(62)の解決に繋がっていったのは間違いない。

 

 それにしても、「世界を俯瞰する外交」はどうした? これが「制裁・圧力」と言い続けて他人頼みの強硬外交を繰り返してきた結果なのか? 自らが位置する東アジアが大きく地盤変動しつつある時に、全く‘蚊帳の外’に置かれているのは噴飯物でしかない。

 

 再び思い越して欲しい…欧州に多大な惨禍をもたらした第一次世界大戦(1914~18)が終わった100年前、ウィルソン米大統領の唱えた「新外交new diplomacy」  が流行語となって、パリ講和会議(19.1-6)で恒久的平和に向けて熱い議論が繰り返されていた時代を。その時に日本は、「五大国  Big5」(米英仏伊日)の一員として講和会議に加わりながら、経験と語学力の不足そして何よりも平和に向けた ‘理念’ の欠如から、会議では孤立した挙げ句に沈黙を続けて「silent partner」と密かに軽蔑されたのだった。

 

 さらに「民族自決」という国際的潮流を見誤った日本は、朝鮮半島では「三・一独立運動」(19.3)を徹底的に弾圧し、大陸部では権益拡大を強引に追い求めて「五・四運動」(19.5)を引き起こした。…そして日露戦争の勝利でアジアの希望の星と思われていた日本は、アジアの民衆から失望され孤立していく。

 

 知る人によれば、友人を大切にする ‘良い人’ だそうだ。落ち着いた住宅街にあるお坊ちゃま大学を出た(少し単純な思考回路を持つ)男が、したたかな思惑を持った人々に操られて暴走した結果が、孤立した今の状況なのだろう。戦争への道を決定づけた上で内閣を投げ出した近衛文麿と酷似していると思うのは、私だけではないだろう。

 

 しかしながら、個人を批判しても仕方あるまい。二人とも、世論の支持を頼りに暴走していったのだから。あの時代に近衛内閣と大陸への強硬策を熱く支持した日本国民たちも、今の時代に(住民投票に示された)地方の民意を完全に無視し、かつ無形の圧力をかけて公文書や統計数字の偽装を官僚に強いる内閣に高い支持を寄せ続ける国民たち(特に若年層男性)も、時代を超えて共にその責任は重い。

 

 すべては、私たち国民のせいなのだ。(2019.3.4)

 

 

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。