第12回 2015年3月1日    東京工芸大学名誉教授 加藤智見

 先回まで、まず5回にわたり「親鸞と現代の諸問題」について、次に6回にわたって「親鸞とルター」について、合計11回連載させていただきました。

 今回から、新しく「世界の三大宗教を学ぶ」というテーマで6回にわたって連載を始めさせていただきます。

 現代の世界情勢を見ますと宗教の関係した紛争、戦争が各地でおこっています。したがって世界の動きを読み解くためには、どうしても宗教についての知識が必要になります。そこで二か月に一度のペースで、世界の三大宗教といわれる仏教・キリスト教・イスラム教の勉強をしたいと思います。具体的には、 (1)釈迦の生涯、 (2)仏教の教えとその特徴、 (3)イエスの生涯、 (4)キリスト教の教えとその特徴、 (5)ムハンマドの生涯、 (6)イスラム教の教えとその特徴、の順に解説させていただきます。ご愛読いただけますよう、お願い申し上げます。


【連載・世界の三大宗教を学ぶ (1)釈迦の生涯

 仏教の開祖となった釈迦(B.C.463~383頃、同566~486頃などの説がある)は、インド・ネパール国境沿いの釈迦族の小さな国の王子として生まれました。釈迦族は政治的にも経済的にも強い存在ではありませんでしたが、ラージャ(王)と呼ばれる最高統率者を中心に、共和制を維持していました。このラージャであったシュッドーダナ(浄飯王/じょうぼんのう)を父に、妃マーヤー(摩耶/まや)を母として生まれます。ゴータマが姓、シッダールタが名でした。

 この釈迦生誕について、少し注意しておきたいことがあります。それは彼が普通の男性と女性の間に生まれたということです。キリスト教の開祖イエスは聖霊により処女マリアがみごもって生んだとされますが、釈迦は人間から人間の子として生まれたのです。たしかに白い象が体内に入った夢を見てマーヤーがみごもったとか、お産のための里帰り途中、ルンビニーの園で彼女の右わきから生まれ、ただちに七歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言ったとされていますが、それらは後世の人々の尊敬の念から出た伝説です。仏教の考え方によれば、そのようなことは認められないからです。しかしイエスの母が聖霊によってみごもったとされることは、超自然的なキリスト教の考え方と深く関係します。仏教は奇跡的なこと、非科学的なことは認めません。このことをまず留意しておくことが必要です。

 マーヤーは釈迦を生んだ七日後に、産褥熱(さんじょくねつ)ためにこの世を去りました。このことは後に釈迦の心に深い影響を与えたことと思われますが、王は彼を王にするため、大切に育て、学問も武芸も身につけさせます。何不自由なく育てたつもりでいたのですが、敏感で繊細な心の持ち主であった釈迦は、やがて現実世界の苦悩に気づきはじめます。「四門出遊(しもんしゅつゆう)」というエピソードが残っています。これによると、ある時、城の東門から出ると老人に出会い、次に南門から出ると病人に、そして西門から出ると死者の葬列に出会い、人生の無常の姿に心を動かされたと言われています。さらに北門を出ると出家者に出会い、その姿を見て、自分の進むべき道を見出したというのです。当時の釈迦の心境を象徴的に表していると言えましょう。老病死に苦しむ人々を救うためには、王ではなく求道者、出家者となるほかない、そんな思いが次第に強くなっていきます。

 しかし父の意志も尊重しなければなりませんでした。当時の風習にしたがって、彼は16歳でヤショーダラーと結婚し、のちに男子ラーフラ(羅睺羅/らごら)をもうけます。しかし求道の思いは断ちがたく、29歳の時、ついに出家を断行します。

 城を出た釈迦は、さまざまな師に会い、学び、修行しますが、どうしても納得できる結果が出ません。そこで彼はガンジスの支流ナイランジャナー河(尼連禅河/にれんぜんが)河畔のマガダ国セーナーニ村で苦行をはじめます。そこにはあらゆる難行苦行を重ね、いわば超能力や神通力を得ようとする人々がいましたが、その中に身を投じ、肋骨が浮き上がるほどの断食もしました。しかし苦行は疲労と苦痛を与えるだけで心の平安は得られませんでした。遂に彼は苦行を放棄します。

釈迦が悟りを開いた地に立つブッダガヤの大塔
釈迦が悟りを開いた地に立つブッダガヤの大塔

 気を取り戻した彼は、河で身を浄め、肉体を回復させ、今度はブッダガヤの菩提樹の下に座り、瞑想し、思索にふけりました。そして妄想や疑惑と戦いながら、やがて35歳の時、悟りに到達します。これを成道(じょうどう)と言います。この時はじめて彼は仏陀(ブッダ、仏、覚者)になったのですが、イエスやムハンマドのように啓示を受けるのではなく、みずから瞑想し思索して真理を見出したのです。つまり神から真理を啓示されるのではなく、悟り、体得したのです。ここに仏

教の重要なポイントがあります。その

内容については次回に述べます。

 さて悟りを得て仏陀となった釈迦は、人々に説法するため旅に出ます。最初の説法は初転法輪(しょてんほうりん)言われ、サールナートというところで行われました。そののち、請われるままに説法をします。やがて当時マガダ国で尊敬されていた拝火バラモンのカーシャパ(迦葉/かしょう)三兄弟とその弟子1000人、懐疑論者サンジャヤの高弟シャーリプトラ(舎利弗/しゃりほ)やマウドガリヤーヤナ(目連/もくれん)たちを教化します。さらに故国から従兄のアーナンダ(阿難)、息子ラーフラなどが弟子として加わります。男の出家者のいわゆる比丘のほか女性の比丘尼、在家の男女信者としての優婆塞・(うばそく)・優婆夷(うばい)の集団もできました。

 ガンジス中・下流で説法していた仏陀は、マガダ国のビンビサーラ(頻婆娑羅/びんびしゃら)王の帰依を受け、首都ラージャグリハ(王舎城)郊外に竹林精舎、さらにはコーサラ国の豪商スダッタ(給孤独長者/きっこどくちょうじゃ)の帰依を受け、シラーヴァスティー(舎衛城)に有名な祇園精舎を寄進されました。この両精舎は、夏の雨期に仏陀と弟子たちがとどまって修行する場所でした。

 45年間、炎熱のインドを遍歴した仏陀の肉体はさすがに衰えてきました。仏陀自身も死の近いことを自覚しますが、説法の旅をやめようとはしませんでした。ある時、アーナンダに向かって「自らをよりどころとして、他人をよりどころとせず、法を島とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ」と語りました。仏陀の教えは、あくまでもよりどころとするのは自分であり、その自分を導くのは法(教え)でした。どこまでも冷静に、理論的に考えられた法にしたがって、迷いから解脱しようとするのが仏教の特徴です。キリスト教のヤハウェやイスラム教のアッラーという強力な神の救済を願う宗教とは根本的に違います。よくキリスト教圏で、仏教は宗教ではなく哲学だと言われることがありますが、根拠のないことではありません。

入滅の地クシナガラの涅槃堂
入滅の地クシナガラの涅槃堂

 旅の途中、クシナガラの郊外で食中毒のため生涯を閉じることになりました。激しい苦痛の中で仏陀が言った最後の言葉は、「もろもろの事象は過ぎ去るものである。努力して修行を完成しなさい」というものでした。激痛と戦いながらも、仏陀は静かな入滅を迎えます。近くに住む人々によって火葬にふされますが、何らの奇跡もおこりませんでした。死後復活をしたイエスのような存在とは違います。最後まで人間として生き、最大限の努力をし、人間として亡くなったのです。イエスを「神の子」としてとらえるキリスト教と

は、したがってまったく違う発想に

立っていると言えるでしょう。

 以上、釈迦の生涯を見てきましたが、他の宗教の開祖と言われる存在と比較した場合、その特徴は、偉大ではあってもやはり一般の人間として生きた点にあります。イエスやムハンマドのように神から一方的に啓示を受けるのではなく、自分で瞑想、思索した結果得た真理を人々に説いた点にあり、また最期も仏陀として非常に高い境地に立ってはいたが、人間として世を去った点にその特徴があるのです。きわめて自然な生涯であり、奇跡もなく、超自然法的、非科学的な発想にも基づかない存在でした。

 次回は、この釈迦が見出し、説いた仏教の内容について述べてみたいと思っております。

新型肺炎感染予防のため、「春の永代経法要」は、非公開で勤行することになりました。御迷惑をおかけしますことを深くお詫びするとともに、皆さまのご健康を心から祈念しておりす。   

   (2020年3月24日)

 

「夏の市民大学講座」7月18日・19日の予定です。詳細は、左端下部の公開講座・Seminar のご案内をご覧ください。

   

冬期(11月中旬~3月下旬)の開門時間は8:30~16:00です。

 

4月以降も暫定的に上記の開門時間を続けます。ご自宅待機にお疲れになったためでしょうか御参拝の方が増えつつありますが、ご体調には十分にご注意ください。状況によっては閉門することも検討中です。       (3月30日)

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

 庵田米の新米が入荷しました。宿坊にてお買い求めください。お電話でのご注文も承っています(郵送には送料がかかります)。詳細は、左側の「庵田米の販売について」をご覧ください。(2019年10月7日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。