「親鸞聖人が生きられた時代の日本は?」  山田 雄司(三重大学教授)

 親鸞聖人は1173年 - 1262年、すなわち鎌倉時代前半から中期にかけての日本を生きられましたが、そのころはどのような時代だったのでしょうか。
 一般的には、これまでの「腐敗した」京都の朝廷にかわって、源頼朝により「清廉な」鎌倉幕府が樹立され、朝廷に取って代わって日本を支配し、時代が刷新されたかのように考えられていますが、実際のところどうなのでしょうか。
 1221年の承久の乱以前は、幕府の支配する範囲は東国に限られていましたが、幕府軍が乱に勝利したことにより、西国の荘園・公領にまで鎌倉幕府の御家人が地頭として任命され、幕府の支配が全国に及ぶようになりました。そして地頭は武力を背景にして、荘園や公領への支配力を強め、治安維持や年貢の取り立てなどを行い、支配を拡大していきました。
 このように、しだいに新たな統治機構としての鎌倉幕府の支配が全国に及んでいったのですが、実は法律は全国で統一されたものはなく、公家だったら公家法、武士だったら武家法、それぞれの寺社や荘園だったら寺社法・本所法によって判断されることになっていました。また、古代・近世と違って戸籍もなく、日本全体で統一的に人々が支配されていたとはとても言いがたい状態でした。
 そうした状況のなか、一般の人々の生業はどのようだったのでしょうか。農民たちは土地の生産力を安定させるため、刈敷・草木灰といった肥料を使用し、鉄製農具も利用されるようになり、荒地開発、用水路づくりなどの土木工事が行われて生産力が向上しました。また、田畑へ水をあげるために水車を使用し始め、牛馬耕も行われるようになったことにより、畿内・西国では二毛作が始まりました。
 こうした耕地開発の進行、農具・農業技術の改良による生産の増大にともない、それに触発されて手工業者が自立し、地域ごとに特色ある手工業製品が生産されていきました。そして手工業の発達は、余剰生産物(商品)の交易の場である市を生み出すことになりました。12世紀頃から荘園村落に生まれ始めた市は鎌倉時代に入るとその数を増し、月に三度開かれる定期市(三斎市)に発展し、さらに室町時代になると六斎市となって発展していきました。定期市では生活に必要な物資が売られる一方、農民は年貢の余剰を売って金銭を稼ぎ、道具や足りない食料を手に入れました。
 また鎌倉時代には宋銭が全国的に流通し、各地で商業製品が生産されるようになったため、商品の運送を専門に行う人々も現れ、年貢運送の代行を行う業者が出現するなど、商業・運輸業も発展していきました。
 このように、農業における生産性が向上し、商工業も一定の発展を遂げたのですが、生産は自然の影響を受けるところ大であり、さまざまな災害に見舞われました。鎌倉時代に起きた大きな飢饉としては、寛喜の飢饉(1230~32)、正嘉の飢饉(1258~60)、元徳の飢饉(1330)が知られています。鎌倉時代には寒冷化が進んだとされ、飢饉の際には餓死者の死体があちこちに放置されていたと記されています。
 また、『吾妻鏡』によれば、地震については毎年のように起こっていることがわかりますが、1293年(正応6)4月13日に発生した大地震では鎌倉に大きな被害を及ぼして津波も発生し、死者は2-3万人に及んだと推定されています。そして1270-80年代をはじめとして阿蘇山が数度にわたって噴火し、大きな被害が出ました。その他、旱魃・洪水・虫害・疫病などもたびたび起こったほか、承久の乱をはじめとした大小の戦乱も各地で勃発し、人々は毎日の生活をどのように送ったらよいのかという不安を常に感じていました。
 一方、中世は「宗教の時代」とも呼ばれるほど、国家から庶民に至るまで宗教が大きな影響を与えていました。人々は日々の幸福を神仏に祈り、病気治しも修験者や民間陰陽師などに頼り、国家の安泰は顕密仏教が担っていました。東大寺・興福寺・延暦寺・東寺といった大寺院は天皇護持・国家安泰の祈祷をすることが最大の役割でした。
 しかし、祈祷をすることで災害を減少させることができたでしょうか。相次ぐ戦乱・飢饉・疫病を前にして、「呪術的」な仏教・神道・陰陽道は無力でした。そうしたところに、個人の心の救済を図ろうと登場したのが、法然・親鸞・日蓮・一遍といったいわゆる「鎌倉新仏教」と呼ばれる仏教を打ち立てた僧侶たちでした。こうした仏教は、これまでの国家と強く結びついた顕密仏教の考え方とは大きく違っていたので弾圧されることになり、うねりとしてもまだまだ小さいものでしたが、確実に信者を増やし、室町時代になると社会全体に広がっていきました。
 現代と比べたら明らかに経済的に未発達な中世社会ですが、いったいどちらの方が人々は幸せを感じているでしょう。どうしたら心の安住を得られるのか、幸せだという実感を得られるのか、その命題を解決するために現れたのが法然・親鸞・日蓮・一遍といった僧侶たちだったのではないでしょうか。先の見えない昨今、私たちは苦悩の中から立ち上がった僧侶たちが伝えたかったことを深く学んでいく必要があるのではないでしょうか。

 

筆者プロフィール  http://onryo.syuriken.jp
《略歴》
1967年静岡県生まれ。京都大学文学部卒業、筑波大学大学院博士課程(歴史・人類学研究科)修了。博士(学術)。現在は三重大学教授。専門は日本中世史、信仰史。

《主要著書・論文》
『崇徳院怨霊の研究』(思文閣出版)、『跋扈する怨霊』(吉川弘文館)、「伊勢神宮の中世的意義」(伊藤聡編『中世神話と神祇・神道世界』竹林舎)、「平太郎熊野参詣説話の検討」(『親鸞の水脈』第9号)ほか。

 

 

 

 ご年配の受講者が多い状況を勘案して、「夏の市民大学講座」中止することに致しました。

 経済活性化を優先する crazyな政府の方針に反しますが、コロナ再拡大が進んでいる現状では市民大学講座を開催するべきではないと考えた次第です。ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。どうぞ皆さまお元気でお過ごしください。再びお目にかかれる日を楽しみにしております。

          (2020年7月5日)

 

   

夏期(3月下旬~11月中旬)の開門時間は8:30~16:30です。

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。