【第5回】2013年9月1日 筑波大学名誉教授 今井雅晴

【2013年7月8月の活動】
著書の出版
ここでは、本年7月・8月の出版活動について記します。
《著書》
➀『日本語と日本人のこころ(対訳 日本語:アラビア語)』
 国際交流基金カイロ日本文化センター
 私は、2010年から2012年の間、4回にわたってエジプト・カイロの大学に赴任しました。そのおり、カイロ日本文化センター何度か日本文化講演会を行いました。毎回、アラビア語の通訳の方についていただきました。本書は、その講演のうちの4本を収録しました。それぞれのテーマは、
 1、「私」という主語を省略する日本語
 2、否定語が最後に来る日本語
 3、「ありがとう」と「すみません」
 4、人称代名詞(「わたし」「あなた」など)の種類の多い日本語
です。このようなテーマの日本語・日本文化論でアラビア語との対訳本は非常に珍しいと、本書はアラビア語を母語とする中東諸国(東はアフガニスタンから西はモロッコまで)の日本語教育機関に送られているそうです。
《論考》
➀「如信と法龍寺」(親鸞の家族ゆかりの寺々 第9回)
 『自照同人』第77号(2013年7・8月号)
 法龍寺は茨城県久慈郡大子町上金沢にあります。如信の墓所のある寺院です。その本堂には十七世紀の後半に制作された如信坐像や聖徳太子立像が安置されています。

 

【連載・親鸞聖人と稲田⑸】
    -『親鸞伝絵(御伝鈔)』に見る稲田の重要性―

➀ 『親鸞伝絵』と『御伝鈔』
   親鸞聖人についての詳しい伝記である『親鸞伝絵』は、覚如が弱冠二十六歳の時に執筆したものです。それは数え年ですから、覚如はとても若い時期に伝記を書き上げたことになります。その若い覚如が執筆した『親鸞伝絵』が、その後七百年以上にわたって親鸞聖人の伝記の基本史料として権威を持っているのは、驚くべきことと思います。覚如は、親鸞聖人の伝記の執筆と、その思想を特色づけることには天才的な能力を発揮したのです。
   なお『親鸞伝絵』は絵巻物の形式の伝記です。絵巻物は、まず文章だけの詞書の部分があり、次にその詞書に関わる絵があります。絵巻物はその繰り返しで成り立っています。そして絵巻物である『親鸞伝絵』の詞書だけを順に集めて独立させたのが『御伝鈔』です。
   この『親鸞伝絵』に稲田のことが出てきます。それは、覚如が稲田の実態をどのように把握していたのか、また親鸞聖人の布教活動にとって稲田がどのような意味を持っていると考えていたのかを、明瞭に語っています。それらのことは、『親鸞伝絵』の二つの場面を見ていくことによって明らかとなります。

 

➁ 六角堂の救世観音のお告げ
 『親鸞伝絵』に、親鸞聖人が京都・六角堂の本尊救世観音からお告げをいただいたことが記されています。それは、 
       行者宿報設女犯
       我成玉女身被犯
       一生之間能荘厳
       臨終引導生極楽  

「仏道の修行者が前世からの因縁(宿報)によって結婚することになるならば、私がすばらしい女性となって妻となろう。そして一生の間よい生活をさせてあげよう。将来に来るそなたの臨終にあたっては、手を取って極楽へ導いてあげよう。」という内容の、1行が漢字7文字、4行の漢詩です。これを浄土真宗の歴史では「行者宿報の偈」と呼んでいます。「偈(げ)」とは、「仏の徳を褒めたたえる漢詩」という意味です。

 

京都・六角堂
京都・六角堂

 

➂ 観音菩薩の指示
 ところが『親鸞伝絵』によりますと、救世観音はその後親鸞に次のように指示しました。
   此是(これはこれ)我(わが)誓願也、善信この誓願の旨趣を宣説して、

   一切衆生にきかしむべし。          
「これは私の誓願である。そなた善信はこの誓願の趣旨をすべての人々に分かりやすく伝えなさい」。「善信」とは親鸞聖人のことです。
 この指示は、「親鸞聖人に結婚を勧めていることをすべての人々に伝えなさい」と受け取ることもできますし、「すべての仏道修行者に結婚を勧めていると伝えなさい」と受け取ることもできます。前者でしたら結婚するのは親鸞聖人のみ、後者でしたらいわば人間全員ということになります。
 覚如は、救世観音の夢のお告げの内容をどうして知ったのかといえば、『親鸞伝絵』に「彼(か)の記」とか「此記録(このきろく)」という言葉がありますから、親鸞聖人ないし他の人が書き残した記録を見たのでしょう。覚如が誕生したのは親鸞聖人が亡くなってから4年後ですから、直接親鸞聖人から聞いたということはあり得ません。

 

六角堂の観音菩薩像(境内)
六角堂の観音菩薩像(境内)

 

➃ 東方の高い山とそこに集まっている無数の人びと
 この指示を受けた時、親鸞聖人は夢の中で六角堂の正面に立って東の方を見ると、
   峨々(がが)たる岳山あり、その高山に数千万億の有情(うじょう)群集

   (ぐんじゅ)せり(『親鸞伝絵』)。
「険しくそびえたっている山があり、そこに数千万億の人びとが群がり集まっていた」そうです。そこで親鸞聖人は観音菩薩の指示どおり、彼らにお告げを説明し終わったところで夢が覚めたそうです。

 

➄ 覚如の判断
 救世観音の夢告と、それに続く親鸞への指示とのつながりは、正直なところ分かりにくいです。なぜ結婚の話を数千万億の有情に説き聞かせねばならないのか。念仏の広まりとどのような関係があるのか。それらは一目瞭然ではなかったのです。そこで覚如はいろいろと考えたのです。『親鸞伝絵』に、
   倩(つらつら)此記録を披(ひらき)て彼夢想を案ずるに、
「この六角堂でのことが書かれた記録を紐解き、夢告の意味を考えてみるに」とあります。そして覚如は次のように判断しました。
   ひとへに真宗繁昌の奇瑞、念仏弘興の表示也。
「(夢告とそれに続く観音の指示は)ほんとうに真宗が繁栄する珍しいすばらしい予兆であり、念仏が広まり盛んになることを示しています」。
 『親鸞伝絵』は覚如が執筆したのです。その覚如が「念仏弘興の[表示]」といっているからには、それが[実現しました]とか[達成しました]とか記す項が『親鸞伝絵』の後段にあってもよいだろう、あってしかるべきだろうということになります。そうでなければ首尾一貫しないし、文才のある覚如がそのことに気がつかずに書き進めるはずはありません。後段を探ると、それは確かにあったのです。それは親鸞聖人が越後を経て関東で稲田に住んだ項に、それに続けて記してありました。

 

➅ 親鸞聖人が稲田に住んだこと
 『親鸞伝絵』に次のように記されています。
   聖人越後国より常陸国に越(こえ)て、笠間郡(かさまぐん)稲田郷(い

   なだのごう)という所に、隠居したまふ。幽棲(ゆうせい)を占むといへ

   ども道俗跡(あと)をたづね、蓬戸(ほうこ)を閉(とず)といへども貴

   賤衢(ちまた)に溢る。
「親鸞聖人は越後国からはるばる常陸国にいらっしゃって、笠間郡稲田郷というところに隠れ住まわれました。ひっそりと生活されておられたのですが、僧侶や俗人が訪ねてきて、雑草が生えている門を閉じていたのですけれども、身分の上下の人たちが道路にあふれていました」。
 覚如の「隠居」「幽棲」「蓬戸」という、稲田がいかにも寒村であったかの表現は適当ではありません。稲田が南北に走る街道の宿場町(大神駅<おおかみのうまや>)で、同時に大神社(稲田神社)の門前町であったことは、本連載第3回で説明しました。

 

➆ 観音菩薩の指示の成就
  前述の「道俗跡をたづね」「貴賤衢に溢る」という叙述を受け、続いて『親鸞伝絵』に次の記事があります。
   仏法弘通(ぶっぽう)の本懐(ほんがい)こゝに成就し、衆生利益の宿念  

   たちまちに満足す。
「念仏を広めたいという本来の思いはここでうまくいき、人々を救いたいという以前からの思いが十分に満たされました」。
 そしてさらに続けて、
   この時、聖人被仰云(おおせられていわく)、救世菩薩の告命(こくみょ     

   う)を受(うけ)し往(いにしえ)の夢、既に今と符合せり。
「この時に親鸞聖人が仰ることには、救世観音のお告げと指示を受けましたあの時の夢は、もう既に現在の状況とぴったり重なっています」という親鸞聖人の結論である、というのが覚如の認識です。
 ただ前述のように、親鸞聖人が六角堂で救世観音から指示を受けた時、東方に「峨々たる岳山あり。その高山に、数千万億の有情群集せり」と『親鸞伝絵』にはありました。稲田草庵を引き継ぐ西念寺の背後には稲田山があります。稲田山は「峨々たる」というほどでもないと思うのですが、やがてはもっと険しい常陸国と下野国の国境の山々に連なっていきます。『親鸞伝絵』ではその山々も含めて述べているのかなと思います。
 多少あいまいな部分はあるにしても、覚如は『親鸞伝絵』の中で、親鸞聖人の布教活動における稲田の重要性を強く説いたのです。 

3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。法会の様子は、左端「ご報告の部屋」をご覧ください。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

  

 「春の市民大学講座」(3月24日)は無事に終了しました。特に西洋哲学(デカルト)につきましては予想を超えるご来場者があり、関心の高さを感じました。ご参加の皆さま、お疲れ様でした。次の市民大学講座は7月20・21日です。ご参加を心よりお待ち申し上げています。(3月24日)

 

 

 

 

 会うことに意義があったと信じたい。再会は3度目の逢瀬?^_^;に繋がる。

 

 思い起こしてほしい…あの米ソ冷戦が激化していった時代、米英仏ソの4大国首脳がジュネーヴに参会して笑顔で写真に収まり(1955)、フルシチョフが訪米してアイゼンハウアーと会談したこと(59)が、(米大統領はケネディ代わったが)キューバ危機(62)の解決に繋がっていったのは間違いない。

 

 それにしても、「世界を俯瞰する外交」はどうした? これが「制裁・圧力」と言い続けて他人頼みの強硬外交を繰り返してきた結果なのか? 自らが位置する東アジアが大きく地盤変動しつつある時に、全く‘蚊帳の外’に置かれているのは噴飯物でしかない。

 

 再び思い越して欲しい…欧州に多大な惨禍をもたらした第一次世界大戦(1914~18)が終わった100年前、ウィルソン米大統領の唱えた「新外交new diplomacy」  が流行語となって、パリ講和会議(19.1-6)で恒久的平和に向けて熱い議論が繰り返されていた時代を。その時に日本は、「五大国  Big5」(米英仏伊日)の一員として講和会議に加わりながら、経験と語学力の不足そして何よりも平和に向けた ‘理念’ の欠如から、会議では孤立した挙げ句に沈黙を続けて「silent partner」と密かに軽蔑されたのだった。

 

 さらに「民族自決」という国際的潮流を見誤った日本は、朝鮮半島では「三・一独立運動」(19.3)を徹底的に弾圧し、大陸部では権益拡大を強引に追い求めて「五・四運動」(19.5)を引き起こした。…そして日露戦争の勝利でアジアの希望の星と思われていた日本は、アジアの民衆から失望され孤立していく。

 

 知る人によれば、友人を大切にする ‘良い人’ だそうだ。落ち着いた住宅街にあるお坊ちゃま大学を出た(少し単純な思考回路を持つ)男が、したたかな思惑を持った人々に操られて暴走した結果が、孤立した今の状況なのだろう。戦争への道を決定づけた上で内閣を投げ出した近衛文麿と酷似していると思うのは、私だけではないだろう。

 

 しかしながら、個人を批判しても仕方あるまい。二人とも、世論の支持を頼りに暴走していったのだから。あの時代に近衛内閣と大陸への強硬策を熱く支持した日本国民たちも、今の時代に(住民投票に示された)地方の民意を完全に無視し、かつ無形の圧力をかけて公文書や統計数字の偽装を官僚に強いる内閣に高い支持を寄せ続ける国民たち(特に若年層男性)も、時代を超えて共にその責任は重い。

 

 すべては、私たち国民のせいなのだ。(2019.3.4)

 

 

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。