第2回  2013年3月1日     筑波大学名誉教授 今井雅晴

【2013年1月・2月の活動】

著書の出版
ここでは、本年1月・2月の出版活動について記します。
《著書》(再版)
➀『親鸞と如信』
 自照社出版(電話075-251-64011)1800円
 如信は毎年、祖父親鸞の祥月命日に奥州から京都へ上りました。その時、如信は稲田に立ち寄り、そこの米を背負って上洛したという伝えがあります(本書76-77頁)。
《編著》
②『エジプト アインシャムス大学に赴任して(続々)』
 自照社出版、1500円
 本書には、私のエジプト・カイロ大学での講演の講演録の「鎌倉時代の念仏僧・親鸞とその妻の恵信尼の研究」と、同じくカイロ日本文化センターでの講演録、「日本語と日本人のこころ④―人称代名詞(「わたし」「あなた」など)の種類の多い日本語―」「日本の伝統と文化④―日本人の自然観の展開と生け花の成立―」等も収めました。
《論考》
③「聖典ゆかりの土地と人々 プラス 親鸞聖人と関東と門弟たち」

  『季刊せいてん』no.101(2012年冬の号、2012年12月発行)
  浄土真宗本願寺派総合研究所(電話075-371-4171)、700円
④「家族―仏教の視点から―」『同朋』第65巻第1号、
  真宗大谷派宗務所(電話075-371-9181)、300円

 

 

 

[連載・親鸞聖人と稲田⑵]
   ―稲田頼重(上)。親鸞を迎える―

 建保二年(1214)、親鸞聖人は妻の恵信尼さま、7~8歳の小黒女房(おぐろの・にょうぼう)と4歳の信蓮房(しんれんぼう)とともに越後を出発し、稲田に到着しました。稲田に迎えたのは稲田九郎頼重(いなだ・くろう・よりしげ)であったと西念寺では伝えています。彼は宇都宮頼綱という豪族の弟で、その猶子でもあったといいます。頼綱は法然の最晩年の有力な門弟でした。

 

① 越後から稲田までの旅―食事は恵んでもらっていたのか?―
 親鸞一家は、越後から関東までの旅において毎日の食事はどうしていたのでしょうか。
従来、「食事くらい何とかなる、旅の途中で農民たちが恵んでくれるよ」、という意見が当たり前のように言われていました。また目的地のはっきりとした当てもなく、一家はなんとなく関東へ流れていったようにも言われていました。
 しかしどうでしょう。道端の農家が、いつも食事を恵んでくれるでしょうか。幼児二人も連れて、日が暮れても人家が見つからなかったらどうしましょうか。当てのない、行き倒れになるかもしれないそんな旅を、貴族出身の恵信尼さまが承知するでしょうか。今の私たちの生活で考えてみましょう。夫が「布教で遠くへ行きたい。一家で行こう」と言い出したとして、「ではお食事は?」「途中で誰かが恵んでくれるよ」「でもどこまで行くのです?」「さあ、まあ、遠くだよ」「信蓮房はまだ満2歳ですよ」「歩かせよう。大丈夫だよ」……妻は目の前が真っ暗になるに違いありません。親鸞聖人と恵信尼さまはその旅がおできなる、はずはありません。必ずや親鸞聖人一家を迎える人が関東にいたと考えるべきです。それが稲田郷の領主の稲田頼重であったと、西念寺では伝えているのです。

 

➁ 聖徳太子堂に泊まって来たのか?
 それから、親鸞聖人一家は、旅の途中では道路沿いの聖徳太子堂(太子堂)に泊まって夜を過ごしたとも言われてきました。しかしそんなに都合よく夕方に太子堂が見つかるはずもありません。それに、一家が関東に来た建保2年以前に、越後から常陸の間に太子堂があったという歴史的記録は一つもありません。親鸞一家が太子堂に泊まったとするのは夢まぼろしです。

 

➂ 関東の大豪族宇都宮頼綱
 宇都宮頼綱(うつのみや・よりつな)は下野国(栃木県)中部から南部にかけての広い地域を勢力圏としていました。親鸞聖人が関東へ来る9年前の元久(げんきゅう)2年(1205)年には常陸国笠間郡も支配下に置きました。
  ★頼綱・頼重関係系図
               北条時政━義時━泰時
                   ┗女子
                     │━泰綱
                     │┗女子(藤原為家の妻)
   宇都宮宗円━□━□━業綱(成綱)━頼綱
                          ┗頼重
宇都宮氏は「藤原」を称して、初代宗円(そうえん)以来業綱までの4代にわたり、正妻は必ず京都の貴族から迎えていました。従って貴族たちとの結びつきも強く、頼綱の娘は和歌で知られた藤原定家(ふじわら・ていか、さだいえ)の後継者為家(ためいえ)の妻となっています。頼綱に至ってはじめて関東の武士の女性を正妻としたのです。北条時政(ときまさ)の娘、義時の妹です。そこで生まれた泰綱(やすつな)が跡継ぎで、彼は次の執権に就任する北条泰時(やすとき)ととても親しくなっていました。

 

④ 宇都宮頼綱は法然の門弟
  また浄土真宗の歴史の観点から特筆すべきことがあります。それは、頼綱は法然の最晩年の有力な門弟で、実信房蓮生(じっしんぼう・れんしょう)という法名を与えられていることです。頼綱が法然門下の優れた親鸞聖人のことを知らないはずはありません。
 本来、親鸞聖人は鎌倉を目ざしていたと思います。それを聞いた頼綱は、「ぜひ私の領地へおいでください」と稲田に招いたのでしょう。鎌倉のことについては次回以降に述べます。それにいくら昔だって親子4人、他人の領地に勝手に住めるはずはありません。親鸞聖人一家が事実として住んだ所が宇都宮一族の領地ならば、頼綱が知らないはずはないのです。逆に、頼綱と親鸞聖人との話し合いが前もってできていたと考えるべきなのです。

 

⑤ 稲田頼重―頼綱の弟で猶子
 西念寺の「藤姓頼重房教養系譜(とうせい・らいじゅうぼう・きょうよう・けいふ)」によれば、頼重が亡くなったのは宝治(ほうじ)元年(1247)6月15日、59歳とありますから、逆算すれば誕生は文治5年(1189)のこととなります。そのころは数え年です。父は業綱(なりつな。成綱)で、業綱には息子が5人いました。長兄が頼綱、末弟が頼重です。11歳違いです。親鸞が関東に来た時、頼重は26歳でした。
 ところが業綱は頼重が4歳の時に亡くなっています。それに関わっているのでしょう、頼重は3歳の時に頼綱の猶子にしてもらっています。

 

⑥ 鎌倉時代の親子―武士団の団結―
 鎌倉時代の武士団は、一族が強く団結して事に当たりました。親の財産、特に領地は、基本的にはすべての息子・娘に分けて与えられました。息子・娘はその領地を経営し、兵力を養い、いざという時にはその兵力を合わせて外敵と戦うのです。
 ところで猶子というのはどのような立場なのでしょうか。猶子とは「猶(なお)、子のごとし」とも読みます。養子に次ぐ待遇です。養子は、名字を受け継ぎ、財産をもらえる権利があるという立場です。猶子とは、もとは名字を受け継ぐ権利があるだけでした。しかし養子も猶子も、義理の父の強い保護を受けられることは間違いありません。
 ただし財産を譲ることに関して「悔い返し」という親の権利がありました。いったん譲っても、親は取り返すことができるという権利です。現在では親が土地の名義を子どもに変更すれば、勝手には取り戻せません。しかし鎌倉時代はできたのです。そのためにはただ一つ、「お前は親不孝だ」といえばよかったのです。実際に親不孝でなくてもです。

 

⑦ 頼重、親鸞を迎える
 つまり頼重は大豪族頼綱に守られている代わりに、頼綱の命令に背くことはできませんでした。その頼綱の指示で、頼重は親鸞一家のお世話をすることになったということになります。「分かりました。丁重にお迎えします」ということで、頼重は越後まで迎えに行き、あるいは途中まで出迎えて稲田まで安全に連れてきたものでしょう。専修寺本『親鸞伝絵』には、下野国を歩いている親鸞聖人に常陸国を指し示す烏帽子姿の武士が描かれています。手に数珠を握っています。信仰のあつい仏教徒であることを表しています。
 やがて頼重は聖人の門人になりました。

 

 次回は稲田頼重(中)で、領主としての立場や親鸞聖人の門弟としての立場などを見ていきます。

新型肺炎感染予防のため、「春の永代経法要」は、非公開で勤行することになりました。御迷惑をおかけしますことを深くお詫びするとともに、皆さまのご健康を心から祈念しておりす。   

   (2020年3月24日)

 

「夏の市民大学講座」7月18日・19日の予定です。詳細は、左端下部の公開講座・Seminar のご案内をご覧ください。

   

冬期(11月中旬~3月下旬)の開門時間は8:30~16:00です。

 

4月以降も暫定的に上記の開門時間を続けます。ご自宅待機にお疲れになったためでしょうか御参拝の方が増えつつありますが、ご体調には十分にご注意ください。状況によっては閉門することも検討中です。       (3月30日)

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

 庵田米の新米が入荷しました。宿坊にてお買い求めください。お電話でのご注文も承っています(郵送には送料がかかります)。詳細は、左側の「庵田米の販売について」をご覧ください。(2019年10月7日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。