第9回 2014年9月1日    東京工芸大学名誉教授 加藤智見

【連載・親鸞とルター―世界から見た親鸞像―(4)】

 

〈第三段階…大いなるものの働きかけに気づく〉

私は、親鸞とルターの二人の生き方を考えると、五つの段階を通して信仰が得られ、深めてられていったといえるのではないかと考えています。五つの段階とは、かけがいのない自分を大切にし、自分と向き合う第一段階、挫折を知り、大いなるもの(仏や神)に出会う第二段階、大いなるものの働きかけに気づく第三段階、大いなるものを信じる喜びを得る第四段階、そして喜びを正しく人に伝える第五段階です。

 先回は第二段階について考えましたので、今回は第三段階について考えてみます。

 

 

 六角堂で夢告を受けた日から、親鸞は百日の間、現在の知恩院の近くにあった吉水の法然の草庵に通いつめます。比叡山で学んだ天台教義や常行堂で実践した不断念仏と、法然の説く念仏の教えを対比させ、執拗に法然の真意に耳を傾けました。

 目の前にいる法然の表情には、長年の苦悩がまったく表われていない。当時法然は69歳でしたが、穏やかな姿は正に救われた人間そのものの姿でした。親鸞はその法然の姿に心を奪われてしまいました。法然に魅了された親鸞は、法然の心の軌跡を説法の中に追い求めていきました。これほど苦労した法然が、なぜこのように穏やかに生きていられるのかと。説法を聞きながら、親鸞は法然が唐の善導(613~681)について話すとき、温顔が一層輝きを増すことに気づきました。法然が回心を得たのは、実はこの善導のお蔭でした。

『選択本願念仏集』の書写を許される
『選択本願念仏集』の書写を許される

 43歳のとき、この善導が書いた『観経疏』に出会い、それまでの苦悩が一気に氷解したのです。ただ一心にひたすら念仏する、これこそが本当の行だ、なぜならこのことこそが「仏の願に順ずるが故に」と教えてくれたからです。仏はひたすら人々を救おうと願っておられる。その仏の願いにこたえるには、自分の力に頼って何かをするのではない。その仏の呼び声に素直に応え、念仏するだけでよい、それがすべてなのだ。どんな批判、非難にも動じず、穏やかに生きる姿、その温顔の奥に、法然を生かしている阿弥陀仏の願い、すなわち本願の力と意味を親鸞は感じとったのです。他力念仏の真意を深く理解した親鸞に感じ入った法然は、自著『選択本願念仏集』の書写を親鸞に許した。

 法然に教えられた念仏を称えながら、あらためて親鸞は阿弥陀仏の本願に思いをはせました。法然に出会うまで、念仏を称えながら阿弥陀仏に近づこう、あるいは阿弥陀仏に救われるに値する人間になろうと努めてきました。しかしこれは仏の心を無視することであったと気づくのです。修行をする時間のある親鸞であれば、それもある程度可能でしょうが、行を行なう時間も能力もない人間はどうすればよいのか、永遠に救われないのではないか。そんな人々のために仏はみずから救いの用意をしてくださっていたのだ、この阿弥陀仏に感謝し、救いに身をまかせることがすべてではないかと気づくことになったのです。

 そもそも阿弥陀仏は、仏になる以前、つまり成仏する以前の法蔵菩薩のとき、「一切の苦悩する衆生」を悲しみ憐れみ、長く苦しい思索の後、ただ仏を信じその名を呼ぶだけで苦悩を離れさせ得ると気づかれ、われわれに呼びかけ、働きかけてくださっていた、と親鸞は気づいたのです。仏ご自身がすでに親鸞以上に苦労してくださっていたと気づかされたのです。この衝撃的な「気づき」が親鸞の回心を引きおこしました。『歎異抄』の次の言葉はこの気づきを見事に表現しているといえましょう。

 「弥陀(みだ)の五劫思惟(ごこうしゆい)の願(がん)をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人(いちにん)がためなりけり」。その意味は、阿弥陀さまが五劫という長い間、思索を重ねてお立てくださった本願をよくよく考えてみますと、ひとえにこの私親鸞一人のためでした、というものです。

 

 一方、ルターは、1512年から翌13年にかけて(その日時ははっきりしていないが)、ヴィッテンベルクの修道院の塔の一室で、決定的な回心をすることになります。一心に聖書を読んでいると、詩編22.2の「わたしの神よ、わたしの神よ、なぜ私をお見捨てになるのか。なぜ私を遠く離れ、救おうとせず、嘆きの声を聞いてくださらないのか」という文に衝撃を受け、キリストの真の姿に気づいたのです。

十字架上のイエス
十字架上のイエス

 ルター自身は罪ある存在ですから、神に見捨てられても当然です。しかしキリストに罪はありません。にもかかわらずキリストは神に見捨てられ十字架にかけられたと気づいたのです。そう気づき得たことに回心の根拠があるのです。キリストは十字架上で神に向かって叫び、訴え、しかも死んでいかれた。罪ある人間の手にかかって、その人間の罪を背負って死んでいかれた、というのです。

 それまでルターを責め、苦しめてきたキリストが、人間ルターのために、人間の手によって死なれた。救われようもないと悩んでいたルターの孤独は、十字架上のキリストの孤独に比較すれば、もはや無となったのです。彼の苦悩はキリストの苦悩の中に包みこまれてしまったのです。身をけずるようなルターの苦悩がこのような聖書の読み方をさせたともいえるでしょう。
 彼は述べています。「あなた(ルター自身を指す)のためにキリストは地獄におち、永遠に呪われた者の一人として神から見捨てられたのだ。それゆえにキリストは十字架の上で『エリ、エリ、ラマ、サバクタニ』すなわち『私の神よ、私の神よ、なぜ私をお見捨てになるのか』と叫ばれたのだ。……あなた自身の中にあなたを求めず、キリストの中にのみあなたを求めるがよい。そうすれば自分を永遠にキリストの中に見いだすだろう」(『死への準備についての説教』)。罪のないキリストがみずからを低めてルターが受けるべき罰を引き受けてくださったと気づいたとき、キリストへのはげしい恐れは深い喜びに転換されることになったのです。
 そしてさらに、このようなキリストの試練の奥に彼は神の働きかけを見出すのです。『善きわざについて』の中で、彼は詩編を引用しながら新しい神について述べています。「『主はすべての悩む者のそばにいましてこれを助けられる』といわれる。神はなおこれだけでは満足なさらず、さらに力のこもったしるし、すなわちわれわれの主たる愛する独り子イエス・キリストを与えてくださったのだ」。悩む者にこそ神はキリストを与えてくださったというのです。ここにおいてルターは神に出会い、神の深い働きかけに気づいたのです。
 ルターが恐れ続けた、審判し罰する神の姿はここに至ってまったく違う姿になります。ルターのためにあえて最愛の独り子を与え、そのキリストをあえて苦悩させた神の姿になったのです。
 
 こうして二人は、その過程は異なっても、大いなるものの働きかけに気づいたのです。
 

 ご年配の受講者が多い状況を勘案して、「夏の市民大学講座」中止することに致しました。

 経済活性化を優先する crazyな政府の方針に反しますが、コロナ再拡大が進んでいる現状では市民大学講座を開催するべきではないと考えた次第です。ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。どうぞ皆さまお元気でお過ごしください。再びお目にかかれる日を楽しみにしております。

          (2020年7月5日)

 

   

夏期(3月下旬~11月中旬)の開門時間は8:30~16:30です。

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。