第19回  2016年5月1日    東京工芸大学名誉教授 加藤智見

【連載・世界の宗教を学ぶ (1)ヒンドゥー教】

 先回まで、六回にわたり世界の三大宗教、つまり仏教・キリスト教・イスラム教について学んできました。しかし世界には、このほかに多くの宗教があります。それらの宗教もできるだけ多く学ばなければ、宗教をよく知ったとはいえません。そこで今回からは、そのほかの主要な宗教、たとえばヒンドゥー教・道教、あるいは日本の神道など、六つの宗教を取り上げ、学んでいきたいと思います。これによって宗教の多様性を知り、同時に宗教の本質的な意味を見出すきっかけにしていきたいと思います。またこのような学びによって、世界にはさまざまな世界観があることを知り、人生観形成にも役立てられればと思います。
 ではまず、今回はインドにおこり、今でもインドを中心に東南アジア各地に信者を有するヒンドゥー教について学んでみたいと思います。



(1)その歴史
 近代インドの有名な宗教家・哲学者であるヴィヴェーカーナンダ(1863~1902)は、ヒンドゥー教の神の特徴について、彼の著作『バクティ・ヨーガ ―愛と信仰のヨーガ―』(日本ヴェーダーンタ協会、1991、以下この書から引用)で興味深い説明をしています。
 「もしあなたがまずしいなら、それをたわむれとしておたのしみなさい。もしあなたが金持ちなら、金持ちのおもしろさをおたのしみなさい。もし危険がくるなら、それもまたよいたのしみです。幸福がくるなら、もっとおもしろいでしょう。この世はまさに運動場、ここでわれわれは、ゲームをして十分にたのしむのです。神はつねにわれわれとともにあそんでおられ、われわれはとともにあそんでいます。神はわれわれの永遠のあそび友だちです」。  
 何と大らかな神でしょう。キリスト教やイスラム教の神とは随分違う神のようです。宗教の関係する紛争が多い現代、このような神について学ぶことも意義のあることと思います。殺伐とした事件をおこし、不平不満から激しいバッシングを繰り返すようになった現代の日本人に、本当の心の豊かさへの道を示してくれているようにも思えます。
 そこで、まずこの宗教の歴史に触れてみますと、ヒンドゥー教は、その起源となったヴェーダ(インド最古の宗教文献)の宗教(バラモン教)から、紀元前500年頃、仏教やジャイナ教(マハービーラの開いた、きびしく戒律を守り、苦行を実践することによって輪廻から解脱することを説いた教え)が成立した後、インド土着のさまざまな民間信仰や習俗などを吸収しておこった、と考えられています。このためつかみどころのないほど幅が広く、多神教の典型であるともいわれています。特定の開祖をもたず、自然発生的に生じたものであり、高度に展開された哲学性をもつ反面原始的な信仰や呪術も含んでいます。それだけにとても寛容な特徴をもっています。ビシュヌやシバといった有名な神々から山川草木の神に至るまで、さまざまな神が崇拝され、神々は排他的ではありません。ですから自分に合った神、自分の好きな神、自分を楽しくしてくれる神を信じ、愛し、それによって神と合一し、心身ともに一体となろうとする形態をとるようになり、さまざまな神々が仲良く共存する宗教となりました。

 

(2)信愛という信仰
 その信じ方をバクティ(信愛)といいます。むずかしい信仰ではなく、ただ素直に愛情をこめて信じればよいのです。仏教やジャイナ教のようにきびしく修行したり、戒律を守る必要もあまりありません。ひたすら神を愛し信じるのです。そうすれば、たとえ悪人であっても、神は善人として見てくれるというのです。このような信仰の形は、庶民の気持ちをつかみ、やがてインドでは仏教やジャイナ教より人気を博することになったのです。ではこの信愛という信仰についてもう少し詳しく見てみましょう。
 ヴィヴェーカーナンダは次のように表現していますが、思わずはっとさせられます。「神はわれわれの夫です。われわれはすべて女性、この世界に男はいません。たった一人の男がいるだけ、そしてそれは、われらのいとしいお方なのです。あの、男が女にあたえる、または女が男にあたえるすべての愛は、ここでは主にささげつくされなければなりません」。 
 しかし疑問も生じます。男女の愛はそれほど純粋で高次元のものでしょうか。愛しているといいながらケンカが絶えません。宗教的な愛と同一視してもよいものでしょうか。
 これに対して、ヴィヴェーカーナンダはいいます。「夫のために夫を愛したものはいない。夫が愛されるのは、彼の内にアートマン、主がおられるからである」と。単なる夫婦の愛ではないのです。それを包んではるかに高い愛が説かれているのです。
 真の愛とは、夫を愛しつつ夫の本質であるアートマン(我、霊魂)、さらにはアートマンと一つである宇宙の根本原理ブラフマン(梵)を愛しているというのです。このような高い次元で信愛が完成され、「ほんとうに無限の愛の海であるところののもとに、行かなければなりません」というのです。夫の中に神がおられると信じて夫を愛するその妻のように信愛をささげる、というところにヒンドゥー教の根本的な信仰の特徴があります。

(3)ヒンドゥー教の神々
 ところでヒンドゥー教の神々は人間を超越し、命じ、支配する神ではありません。常に人間に働きかけ、人間を引きつけようと努力する神です。「主は巨大な磁石であり、われわれは鉄のけずりくずのようなものです。……人生の膨大な努力とたたかいのすべては、われわれをして彼に近づかせ、ついには彼と一体にならせるためのものであります」。
 生きるための苦労は、神と一体にしていただくための神のわざだというのです。つまり、みずからと一体にさせるために、ひたすら人をわが身に引きつけようとしてくださる神を、感謝に満ちて信愛するところに、この宗教の神と信仰の特徴があるのです。
 またヴィヴェーカーナンダによれば、すべての人間は神の子どもであり、神の体であり、神の現われだというのです。動物もそうです。「人はもはや人とは見えず、神としか見えません。けものはもはやけものとは見えず、神と見えます。トラさえも、もうトラではなく、神のあらわれです。このようにして、バクティのこの強烈な状態においては、礼拝はあらゆる人に、あらゆる生命に、あらゆる生きものにささげられます」。
 このように確信できるようになれば、苦痛や不幸も神の使いであると思えるようになるわけですし、生きものの中に不平等はなく、争いはなくなります。いずれにしてもこの世界に生じるあらゆることを神の現われ、神のなさること、神からの使いであると受け取りつつ、苦しみを超えさせていただいていると信じるところに、この宗教の特徴が考えられます。
 こうして見てきますと、人間もトラも、そして他のものすべてが神の子どもであり、神の体、神の現われであると受け取る思いは、地上のあらゆるものを尊重する態度になります。ここに実は宗教共存のための重要なヒントも隠されているといえましょう。

 

インドネシア、バリ島のヒンドゥー教寺院の総本山・ブサキ寺院。中央のパナタラン・アグン寺院はシバ神を祀る。
インドネシア、バリ島のヒンドゥー教寺院の総本山・ブサキ寺院。中央のパナタラン・アグン寺院はシバ神を祀る。

3月31日に行われました当山27世「葬儀およびお別れの法会」にご参列を賜りました皆さま、またお心遣いを賜りました皆さま、ご厚情に深く感謝申し上げます。皆さまのお力をお借りして、法会を無事に終えることができました。ありがとうございました。法会の様子は、左端「ご報告の部屋」をご覧ください。また、当日は一般のご参拝の方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。(4月1日)

 

  

 「春の市民大学講座」(3月24日)は無事に終了しました。特に西洋哲学(デカルト)につきましては予想を超えるご来場者があり、関心の高さを感じました。ご参加の皆さま、お疲れ様でした。次の市民大学講座は7月20・21日です。ご参加を心よりお待ち申し上げています。(3月24日)

 

 

 

 

 会うことに意義があったと信じたい。再会は3度目の逢瀬?^_^;に繋がる。

 

 思い起こしてほしい…あの米ソ冷戦が激化していった時代、米英仏ソの4大国首脳がジュネーヴに参会して笑顔で写真に収まり(1955)、フルシチョフが訪米してアイゼンハウアーと会談したこと(59)が、(米大統領はケネディ代わったが)キューバ危機(62)の解決に繋がっていったのは間違いない。

 

 それにしても、「世界を俯瞰する外交」はどうした? これが「制裁・圧力」と言い続けて他人頼みの強硬外交を繰り返してきた結果なのか? 自らが位置する東アジアが大きく地盤変動しつつある時に、全く‘蚊帳の外’に置かれているのは噴飯物でしかない。

 

 再び思い越して欲しい…欧州に多大な惨禍をもたらした第一次世界大戦(1914~18)が終わった100年前、ウィルソン米大統領の唱えた「新外交new diplomacy」  が流行語となって、パリ講和会議(19.1-6)で恒久的平和に向けて熱い議論が繰り返されていた時代を。その時に日本は、「五大国  Big5」(米英仏伊日)の一員として講和会議に加わりながら、経験と語学力の不足そして何よりも平和に向けた ‘理念’ の欠如から、会議では孤立した挙げ句に沈黙を続けて「silent partner」と密かに軽蔑されたのだった。

 

 さらに「民族自決」という国際的潮流を見誤った日本は、朝鮮半島では「三・一独立運動」(19.3)を徹底的に弾圧し、大陸部では権益拡大を強引に追い求めて「五・四運動」(19.5)を引き起こした。…そして日露戦争の勝利でアジアの希望の星と思われていた日本は、アジアの民衆から失望され孤立していく。

 

 知る人によれば、友人を大切にする ‘良い人’ だそうだ。落ち着いた住宅街にあるお坊ちゃま大学を出た(少し単純な思考回路を持つ)男が、したたかな思惑を持った人々に操られて暴走した結果が、孤立した今の状況なのだろう。戦争への道を決定づけた上で内閣を投げ出した近衛文麿と酷似していると思うのは、私だけではないだろう。

 

 しかしながら、個人を批判しても仕方あるまい。二人とも、世論の支持を頼りに暴走していったのだから。あの時代に近衛内閣と大陸への強硬策を熱く支持した日本国民たちも、今の時代に(住民投票に示された)地方の民意を完全に無視し、かつ無形の圧力をかけて公文書や統計数字の偽装を官僚に強いる内閣に高い支持を寄せ続ける国民たち(特に若年層男性)も、時代を超えて共にその責任は重い。

 

 すべては、私たち国民のせいなのだ。(2019.3.4)

 

 

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。