「ぬくめ鳥」の記

   ――良水の自決と北陸からの移民―― 稲田実乗(当山前住職)

 

 享保・天明・天保の日本三大飢饉の内で、最も長く広範囲に大きな被害を与えたのは、天明の飢饉であった。山間地が多い笠間地方は思うように復興が進まず、農民は働く気力を失っていた。そして、他の地方へ逃げ出す者が後を絶たず、口減らしの為の間引きや堕胎、更に盗みなども増えていった。

 

 笠間藩の苦衷を察した当山21世住職の良水は、長年の恩顧に報いるべく、入百姓(開拓移民)の策を献じ北陸へと旅だった。目指したのは越中(富山)である。彼は、有縁の各地で法座を開き、親鸞聖人の聖跡である稲田御坊を披露すると共に、飢饉による苦境を述べ、入百姓による復興を懇願したのである。

 幸いにして、浄土真宗篤信農民の理解・賛同を得て入百姓が始まったが、幕藩体制下における集団入植は不可能であるため、それは当山参拝を名目にした内密の戸別入植となった。そして無事に到着した者は、笠間藩の指示に従って各地へ入植していった。入植が始まって10年後には、50数戸の入百姓があったことを喜ぶ私記が残されている。

 

 入植は順調に進み、それに刺激されて地元農民の心も立ち直り、復興に励む者も増えていった。ところが、入百姓引き戻しの為の調査が加賀藩で始まっている、との風聞が伝わってくる。このため入百姓たちは動揺し、早々と他の土地へ逃走する者も出始めた。

   それを知った良水は、入百姓の責任はすべて良水個人にあることを伝え、心配なく開拓に励むよう説得して動揺を静め、入植に関する書類を焼却した上で、自決した。文化5年(1808)旧暦6月18日、良水62歳の時であった。

  風冴ゆる 夜はまた春の ぬくめ鳥

          天明期の笠間藩主 牧野貞喜公

  霞みても 思いは捨てず 遠筑波

          最後の笠間藩主 牧野貞明公

 

 

付記

 幸いなことに、入植は藩相互の問題にならなかった。

 入百姓政策については地元民にも一切知らされていなかった。このため、入百姓たちは北陸から逃げてきた罪人や悪党たちだと思われ、地元民より一段低い者たちとして加賀っぽ・一向・新百姓などと呼ばれ、差別されてきた。このような状態は、敗戦により既存の社会体制が大きく変化するまで続くことになる。

 そのような中で、入百姓の人々は当山の法座には必ず参詣し、入百姓同士の縁組も決まった。彼らは、親鸞聖人の教えを心の拠り所として、苦境を耐え抜いてきたのである。

  良水没後二百余年の歳月が流れ、越中・越後の入百姓の子孫は数百戸に増え、今や当山の直参門徒の中核となっている。 

  ほたる火や 入植偲ぶ 良水忌

    平成26年(2014)6月 稲田山27世 釈実乗

 

 

 

境内にある 《「ぬくめ鳥」の記》 (上の文章が書いてあります)
境内にある 《「ぬくめ鳥」の記》 (上の文章が書いてあります)

現在の開門時間は、

9:00~16:00です。

 

筑波大学名誉教授(日本思想)伊藤益先生のご講義【第2回】     

「親鸞の信心」をUPしました。左端のタブ「internet市民大学」よりお入りください。      

      (2022.3.20)

【第3回】「親鸞の生涯」のお原稿は既に頂戴しております。ただいまUPの準備中ですので、もう少々お待ちください。   

      (2022.7.1)

 

 

 机に向かい静かに目を閉じると、想いは6年前に訪れたキエフ〔キーウ〕に飛ぶ。ホーチミン経由のベトナム航空でモスクワに着いた私は、その足で駅に向かい、翌日の夜行列車を予約したのだった。

 

 首都キエフは、ロシア正教会(今はウクライナ正教会)の建物が夕日に輝く美しい都市だった。十字架を抱えたキエフ大公ウラディミル1世がドニエプル川を見下ろし、独立広場にはウクライナ国旗とEU旗が記念塔を取り囲んでいた(大学の授業で配信した動画の一部をUPします)。

 

  モスクワからキエフまでは夜行で一晩、1時間ごとに寝台列車が出ている。乗車当日その場でキップも買える。「母がウクライナの出身なんだ」と話していた初老のロシア人男性。両国に親戚がいる人々も多い。その国に攻め込むとは…刻々と届く映像を見ていて涙が止まらない。


 事態を予想しなかったと話す識者も多い。フィンランド侵攻(1939)・ハンガリー事件(56)・チェコスロヴァキア事件(68)と繰り返された暴力。必ずキエフまで侵攻すると私は確信していた。なぜ事前に米軍やNATO軍を緊急展開させなかったのか。抑止力となったはずだ。腰の引けた指導者たちの宥和政策が、ヒトラーの勢力拡大を可能にしたことを思い出す。


 キエフではミンスク(ベラルーシの首都)行きの寝台列車の切符が買える。チェルノブイリの側を抜けた列車は、翌朝にはミンスクに着いた。そのベラルーシでは、一昨年にはルカシェンコ政権に対する激しい民主化要求デモが続いた。ロシアでも反戦デモが続いているようだ。ナショナリズムに染まらないロシア人の知性に、僅かな光明を見る思いがする。

      (2022.2.26)

《追伸》
  十数年前のロシア航空、隣に座ったチェコ人青年の言葉が思い出される。チェコ解体(1939)と「プラハの春」弾圧(68)を経験した彼らの言葉は重い。 
  Russia is more dangerous

  than Germany.


 自国の権益と安全保障を要求して一方的に他国に攻め込む姿勢は、満蒙特殊権益を死守しようとした80年前の日本と重なる。欧米諸国による圧迫やウクライナの性急な親欧姿勢が攻撃を誘発したとする言説も聞かれるが、それは米国による包囲網が日本を追い込み開戦に至らしめたとして、日本の侵略行為を矮小化しようとするのと同じである。        (2022.5.5)

 

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。