当山前の水田は、古くから「吹雪谷」と呼ばれてきました。この地の水田は、その下部は花崗岩が細かく砕かれた砂質となっているためにミネラル分が豊富で、谷間から流れ出る新鮮な水と相まって、一反当たりの収穫量は少ないものの、良質な米が生産される水田として知られています。

 ご家族と稲田草庵にお住まいになられた親鸞聖人は、吹雪谷の農村風景をご覧になって日々を過ごされ、農民たちの農作業を手伝われたこともあったことでしょう。そのような吹雪谷の米を、門徒たちは「庵田米(いおたまい)」と呼び、京都にお帰りになった聖人に運び続けたと伝わっています。
 以上のような「吹雪谷の庵田米」の新米を、地元農家および米穀店と提携して農薬使用を最小限に抑えて栽培し、皆様にお分けすることにしました。1kg 600円・5kg 2600円(税別)で当山宿坊にて販売いたします。30kg=15000円(税別)も取り扱っていますが、ご注文をいただいてから地元の米穀店で脱穀をしますので、1~2日お時間がかかります。宅配便にてお送りすることも可能です(配送料がかかります)。

 当山宛てに、電話・FAX・郵送にてお申し込みください。

 

 

●稲田草庵当時の農村風景を維持するため、営農支援策として販売しています。

 

 

庵田米にマスコットが誕生しました。いおたんぼう」です。よろしく!(2014年7月1日)

庵田米の田植え。耕作者は農業委員として活躍されている潮田さん。
庵田米の田植え。耕作者は農業委員として活躍されている潮田さん。
吹雪谷と庵田米の生産地(右奥の白壁は当山境内)。
吹雪谷と庵田米の生産地(右奥の白壁は当山境内)。
上部に「見返り橋」が見えます。白鷺もいます。
上部に「見返り橋」が見えます。白鷺もいます。
収穫間近の庵田米。
収穫間近の庵田米。
販売中の庵田米。1kg(左)と5kg(右)。
販売中の庵田米。1kg(左)と5kg(右)。


夏の市民大学講座」(7月21~22日)は会場が一杯となる盛況のうちに、無事に終了しました。親鸞思想の本質を扱った伊藤益先生のご講義に受講者の皆様は引き込まれていました。また、「いのち」をテーマに現代社会の問題点を指摘された最首悟先生のご講義には、受講者の皆様は考え込んでしまったようです。皆様、お疲れ様でした。次の開催は来年の3月第2週を予定しています(7月24日)


 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。