当山前の水田は、古くから「吹雪谷」と呼ばれてきました。この地の水田は、その下部は花崗岩が細かく砕かれた砂質となっているためにミネラル分が豊富で、谷間から流れ出る新鮮な水と相まって、一反当たりの収穫量は少ないものの、良質な米が生産される水田として知られています。

 ご家族と稲田草庵にお住まいになられた親鸞聖人は、吹雪谷の農村風景をご覧になって日々を過ごされ、農民たちの農作業を手伝われたこともあったことでしょう。そのような吹雪谷の米を、門徒たちは「庵田米(いおたまい)」と呼び、京都にお帰りになった聖人に運び続けたと伝わっています。
 以上のような「吹雪谷の庵田米」の新米を、地元農家および米穀店と提携して農薬使用を最小限に抑えて栽培し、皆様にお分けすることにしました。1kg 600円・5kg 2600円(税別)で当山宿坊にて販売いたします。30kg=15000円(税別)も取り扱っていますが、ご注文をいただいてから地元の米穀店で脱穀をしますので、1~2日お時間がかかります。宅配便にてお送りすることも可能です(配送料がかかります)。

 当山宛てに、電話・FAX・郵送にてお申し込みください。

 

2017年度の新米の販売を開始しました。

 

●稲田草庵当時の農村風景を維持するため、営農支援策として販売しています。

 

 

庵田米にマスコットが誕生しました。いおたんぼう」です。よろしく!(2014年7月1日)

庵田米の田植え。耕作者は農業委員として活躍されている潮田さん。
庵田米の田植え。耕作者は農業委員として活躍されている潮田さん。
吹雪谷と庵田米の生産地(右奥の白壁は当山境内)。
吹雪谷と庵田米の生産地(右奥の白壁は当山境内)。
上部に「見返り橋」が見えます。白鷺もいます。
上部に「見返り橋」が見えます。白鷺もいます。
収穫間近の庵田米。
収穫間近の庵田米。
販売中の庵田米。1kg(左)と5kg(右)。
販売中の庵田米。1kg(左)と5kg(右)。

「春の市民大学講座」(3月11日)は、ほぼ席が埋まっている状態でした。ご参加の皆さまのご声援、さらに多額のご寄付、ともにありがとうございました。

公開講座「解釈改憲の果てに」齊藤和夫先生は、自衛隊の追認と海外派遣を巡り憲法解釈の変更が積み上げられてきた過程を、解り易くお話くださいました。そのクライマックスが、あの集団的自衛権容認だった訳です。時間切れで「緊急事態条項」のお話を伺うことができなかったのが残念です(次の機会ですね)。

 

受講者アンケートを拝見させていただきましたが、皆さまの改憲問題への関心の高さを実感いたしました。知識を再確認して問題点を整理した上で、「なんとなく賛成or反対層」へ的を射た議論を広げていく必要があるように思いました。巧みなプロパガンダを行う政府の言うままにならない、賢い市民・国民でありたいものです。

セミナー「日本文化と仏教のかかわり―道元の教えを中心に―」では、皆川義孝先生が美しいスライドをお使いになりつつ、禅の思想が日本の食文化に大きく影響していることをお教えくださいました。公開講座の深刻さとは打って変わり、講義室はグッと和らいだ雰囲気です。終講後には「いやぁ~面白かった!」との声が…。永平寺で1年も修行された皆川先生ですので、お話に説得力がありました。また、立派な『英語対訳 典座教訓』を受講者の皆さまに頂戴しましたこと、駒澤女子大学さまに厚くお礼申し上げます。(3月12日)

 

次の「夏の市民大学講座」は、7月21~22日です。

詳細は左端下部の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内」をご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。