山門
山門

門前より、大木に囲まれた長い石畳の参道を抜けると、山門に至る。茅葺きで、鎌倉~室町期の建設とされている。山門に向かい左手には「浄土真宗立教改宗の聖地」の大きな石碑が、右手には北条時頼公の歌碑がある。

 

 いやたかき鷲の峯間に説く法を 

 昔ながらにここに移して
                                     

――「鷲の峯間」はインドの霊鷲山のこと。釈尊が大経と観経を説かれた聖域である――

 

ご本堂と吾国山(わがくにさん)
ご本堂と吾国山(わがくにさん)

吾国山を仰ぎ、聖人は比叡の峰々に想いを馳せられた。

 

聖人越後国より常陸国に越えて 笠間郡稲田郷というところに隠居したもう。幽棲を占むといえども 道俗あとをたずね 蓬戸を閉ずといえども 貴賤ちまたにあふる。仏法弘通の本懐ここに成就し衆生利益の宿念たちまちに満足す。このとき聖人 仰せられてのたまわく 救世菩薩の告命をうけしいにしへの夢 すでに今(と)符合せり。(御伝鈔)

――『御伝鈔』は、親鸞聖人のご曾孫にあたる覚如上人が聖人の33回忌に関東を巡られて書かれたご一代記で、全国の真宗寺院で毎年の「報恩講」に拝読される――

 

ご本堂
ご本堂

ご本堂の阿弥陀如来像は、慶長2(1597)年の宇都宮氏断絶に際して城内より持ち出され、後に遠縁にあたる当山に寄贈されたものと伝わる。左右には親鸞聖人と恵信尼公のお像が安置されている。享保6(1721)年に当山第19世の了智が建立した旧本堂は、天狗党の乱の余波で明治4(1871)年に焼失した。このため、仮本堂を経て現在の御本堂が平成7(1995)年に第27世の実乗(現住職)により再建された。

 

お葉付きイチョウ
お葉付きイチョウ

 

稲田ご草庵の庭前に聖人がお手植えになったと伝えられる。県天然記念物。


    聖人が葉に実を包みて
    播き給いしよりこの不思議あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御頂骨堂
御頂骨堂

聖人ご往生の折、当山第2代の教念は恵信尼公の深い思し召しをご息女の覚信尼公に伝え、御尊骨を稲田に具し奉ったと伝えられる。大正14(1925)年に立教開宗七百年を記念して現在のお堂が再建され、真宗10派本山法主のご参拝をいただいた。

 

 

 

 

 

見返り橋
見返り橋

文暦元(1234)年頃、聖人は約20年に渡ってお住まいになった稲田を離れ、ご帰洛された。お名残を惜しまれて、しばしの間たたずまれたと伝えられる見返りの橋は、この付近にあったとされている。


  別れじを さのみなげくな法の友
 また会う国の ありと思えば

 

 

 

 

 

太鼓堂
太鼓堂

天保14(1843)年、当山第23世の良栄により建立された。堂内にある直径2尺8寸(約84cm)の太鼓は、法要の開催などを近在の人々へ伝える際に使用された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太子堂への春の山道
太子堂への春の山道

天正13(1585)年、笠間城主の笠間時広は水谷幡竜(みずのやばんりゅう)との戦いに敗走して当山に入り、聖人御自作と伝わる聖徳太子像の尊前で自害を図った。当山15世の了与は、これを止め単騎長槍を執って幡竜の陣に向かい和議を結ぶ。これに時広は厚く感謝し、太子堂と仏供田を寄進建立したと伝えられる。現在のお堂は、延享4(1747)年に第19世の了智が再建したもの。

  

 

 

玉日姫御本廟
玉日姫御本廟

玉日姫と恵信尼公の関係・ご消息については諸説あるが、稲田禅房の東 800mの丘にご本廟が遺されている。終生お仕えした池田権頭是貞により、この地に葬られたと伝えられる。ご遺徳を偲ぶために全国に玉日講が結成されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夏の市民大学講座」を開催中です(7月20日~21日)。

 (1)セミナー

伊藤益先生(筑波大学教授)「『信』の世界―歎異抄をめぐる―」

 (2)公開講座

柳橋晃先生(一橋大学研究員・東京芸術大学講師・東京家政大学講師)「地元の若手研究者の話を聞こう―西洋哲学史概論からカント研究へ―」

 

飛び込み受講も可能です。

詳細については左側下段の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内をご覧ください。(2019年7月21日)

 

 

 

 告白します(-_-″)……これまで運転歴30数年ですが、ずっと「左足ブレーキ」でした(^_^;。

 

 踏み間違いによる痛ましい事故が続いている。高齢者に免許証返納を進める意見もあるようだが、高齢者の人権を無視するような見解には反対である。踏み間違い検知装置の改良、さらには自動運転の普及が究極の解決策になると思うが、より簡単な踏み間違い防止策として、「左足ブレーキ」を強く推薦したい。

 自転車をこぐ時の要領で、左右の足で交互にブレーキとアクセルを踏めば良いのだから、簡単なことだ。両足の筋肉を交互に使うのだから疲れも少ない。踏み替えがないのでブレーキを素早く踏める。段差の乗り越えの時などには、ブレーキを踏みながら微妙なアクセルワークができるので、たいへん重宝である。

 

 インターネットには左足ブレーキのデメリットを指摘する声が溢れているが、食わず嫌いで全く的外れの反対意見である。“身体が不安定になる”こともないし(左足裏全体または左かかとは常にフロアに載せてあるので)、“パニックの際に踏み込むべき足の左右を間違える”などありえない(歩行中や自転車に乗っている時にパニックで左右の足を間違えるだろうか?)。

 昔は、あの厄介で繊細なクラッチ操作を左足で行っていたことを想起してほしい。そもそも右手が利き手の人は、左足が利き足ということをご存知だろうか。よって、“左足でブレーキ操作が上手くできない”といった心配は無用である(少しだけ練習すれば良い)。

 

 ちなみに、私こと当HP管理人はサンデードライバーではない。東京と当山を車で毎週1~2往復し、そして何処へでも車で行きたがる運転好きである。あの複雑なニューヨークやワシントンのハイウェイも、左ハンドル&左足ブレーキで難なく通行できる。雪道の運転も四駆ならば平気だ。その私が、自らの長い経験から強く言いたい。「左足ブレーキで踏み間違いによる事故は激減します」。

 

 左足ブレーキによる安全運転で、どんどん当山に参拝して貰いたいものである(*^_^*)。

    (2019年6月12日) 

  

 

 

庵田米を販売しています。左端の「庵田米の販売について」をご覧ください。

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。