山門
山門

門前より、大木に囲まれた長い石畳の参道を抜けると、山門に至る。茅葺きで、鎌倉~室町期の建設とされている。山門に向かい左手には「親鸞聖人教行信証御製作地 浄土真宗別格本山」の大きな石碑が、右手には北条時頼公の歌碑がある。

 

 いやたかき鷲の峯間に説く法を 

 昔ながらにここに移して
                                     

――「鷲の峯間」はインドの霊鷲山のこと。釈尊が大経と観経を説かれた聖域である――

 

ご本堂と吾国山(わがくにさん)
ご本堂と吾国山(わがくにさん)

吾国山を仰ぎ、聖人は比叡の峰々に想いを馳せられた。

 

聖人越後国より常陸国に越えて 笠間郡稲田郷というところに隠居したもう。幽棲を占むといえども 道俗あとをたずね 蓬戸を閉ずといえども 貴賤ちまたにあふる。仏法弘通の本懐ここに成就し衆生利益の宿念たちまちに満足す。このとき聖人 仰せられてのたまわく 救世菩薩の告命をうけしいにしへの夢 すでに今(と)符合せり。(御伝鈔)

――『御伝鈔』は、親鸞聖人のご曾孫にあたる覚如上人が聖人の33回忌に関東を巡られて書かれたご一代記で、全国の真宗寺院で毎年の「報恩講」に拝読される――

 

ご本堂
ご本堂

ご本堂の阿弥陀如来像は、慶長2(1597)年の宇都宮氏断絶に際して城内より持ち出され、後に遠縁にあたる当山に寄贈されたものと伝わる。左右には親鸞聖人と恵信尼公のお像が安置されている。享保6(1721)年に当山第19世の了智が建立した旧本堂は、天狗党の乱の余波で明治4(1871)年に焼失した。このため、仮本堂を経て現在の御本堂が平成7(1995)年に第27世の実乗(前住職)により再建された。

 

お葉付きイチョウ
お葉付きイチョウ

 

稲田ご草庵の庭前に聖人がお手植えになったと伝えられる。県天然記念物。


    聖人が葉に実を包みて
    播き給いしよりこの不思議あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御頂骨堂
御頂骨堂

聖人ご往生の折、当山第2代の教念は恵信尼公の深い思し召しをご息女の覚信尼公に伝え、御尊骨を稲田に具し奉ったと伝えられる。大正14(1925)年に立教開宗七百年を記念して現在のお堂が再建され、真宗10派本山法主のご参拝をいただいた。

 

 

 

 

 

見返り橋
見返り橋

文暦元(1234)年頃、聖人は約20年に渡ってお住まいになった稲田を離れ、ご帰洛された。お名残を惜しまれて、しばしの間たたずまれたと伝えられる見返りの橋は、この付近にあったとされている。


  別れじを さのみなげくな法の友
 また会う国の ありと思えば

 

 

 

 

 

太鼓堂
太鼓堂

天保14(1843)年、当山第23世の良栄により建立された。堂内にある直径2尺8寸(約84cm)の太鼓は、法要の開催などを近在の人々へ伝える際に使用された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太子堂への春の山道
太子堂への春の山道

天正13(1585)年、笠間城主の笠間時広は水谷幡竜(みずのやばんりゅう)との戦いに敗走して当山に入り、聖人御自作と伝わる聖徳太子像の尊前で自害を図った。当山15世の了与は、これを止め単騎長槍を執って幡竜の陣に向かい和議を結ぶ。これに時広は厚く感謝し、太子堂と仏供田を寄進建立したと伝えられる。現在のお堂は、延享4(1747)年に第19世の了智が再建したもの。

  

 

 

玉日姫御本廟
玉日姫御本廟

玉日姫と恵信尼公の関係・ご消息については諸説あるが、稲田禅房の東 800mの丘にご本廟が遺されている。終生お仕えした池田権頭是貞により、この地に葬られたと伝えられる。ご遺徳を偲ぶために全国に玉日講が結成されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の開門時間は、

9:00~16:00です。

 

当山の市民大学講座ご講師伊藤益先生(筑波大学名誉教授)がテレビに出演され、親鸞の思想から難問にお答えになります。6月8日(水)22:30~23:00NHK・Eテレ(教育テレビ)【思考ガチャ「お金に振り回されるのはなぜ?」】  是非ご覧ください。 (2022.6.2)

 

 

 

筑波大学名誉教授(日本思想)伊藤益先生のご講義【第2回】     

「親鸞の信心」をUPしました。左端のタブ「internet市民大学」よりお入りください。      

      (2022.3.20)

 

 

 机に向かい静かに目を閉じると、想いは6年前に訪れたキエフに飛ぶ。ホーチミン経由のベトナム航空でモスクワに着いた私は、その足で駅に向かい、翌日の夜行列車を予約したのだった。

 

 首都キエフは、ロシア正教会(今はウクライナ正教会)の建物が夕日に輝く美しい都市だった。十字架を抱えたキエフ大公ウラディミル1世がドニエプル川を見下ろし、独立広場にはウクライナ国旗とEU旗が記念塔を取り囲んでいた(大学の授業で配信した動画の一部をUPします)。

 

  モスクワからキエフまでは夜行で一晩、1時間ごとに寝台列車が出ている。乗車当日その場でキップも買える。「母がウクライナの出身なんだ」と話していた初老のロシア人男性。両国に親戚がいる人々も多い。その国に攻め込むとは…刻々と届く映像を見ていて涙が止まらない。


 事態を予想しなかったと話す識者も多い。フィンランド侵攻(1939)・ハンガリー事件(56)・チェコスロヴァキア事件(68)と繰り返された暴力。必ずキエフまで侵攻すると私は確信していた。なぜ事前に米軍やNATO軍を緊急展開させなかったのか。抑止力となったはずだ。腰の引けた指導者たちの宥和政策が、ヒトラーの勢力拡大を可能にしたことを思い出す。


 一昨年には、ベラルーシでルカシェンコ政権に対する激しい民主化要求デモが続いた。ロシアでも反戦デモが続いているようだ。ナショナリズムに染まらないロシア人の知性に、僅かな光明を見る思いがする。

      (2022.2.26)

《追伸》
  十数年前のロシア航空、隣に座ったチェコ人青年の言葉が思い出される。チェコ解体(1939)と「プラハの春」弾圧(68)を経験した彼らの言葉は重い。 
  Russia is more dangerous

  than Germany.


 自国の権益と安全保障を要求して一方的に他国に攻め込む姿勢は、満蒙特殊権益を死守しようとした80年前の日本と重なる。欧米諸国による圧迫やウクライナの性急な親欧姿勢が攻撃を誘発したとする言説も聞かれるが、それは米国による包囲網が日本を追い込み開戦に至らしめたとして、日本の侵略行為を矮小化しようとするのと同じである。        (2022.5.5)

 

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。