イラクとの国境近くでイランの軍人たちと
イラクとの国境近くでイランの軍人たちと

 《略歴》

稲田 真乗  Shinjo INADA。1957年3月、茨城県生まれ。早稲田大学法学部から同大学院法学研究科の修士・博士課程に進み、国際政治史を学ぶ。専門は19C後半~20C前半、特に第一次世界大戦前後の日本外交・東アジア国際関係史。その後、外務省外交史料館勤務その他を経て、現在は駿台予備学校世界史講師および当山代表。所属学会は日本国際政治学会・アジア政経学会など。「国境を越える旅」をテーマに海外各地を遍歴している。


《主要著書・論文》
「日本海軍とミクロネシアのドイツ領諸島」(多賀秀敏編『国際社会の変容と行為体』成文堂)、「米西戦争とドイツ」(早稲田大学『法研論集』第86号)、「日本海軍のミクロネシア占領とヤップ島問題」(早稲田大学『法研論集』第90号)、『テーマで学ぶ近現代の世界史60』(共著/聖文社)、『世界史B』(共著/ベネッセコーポレーション)、『世界史用語集ちゃーと&わーど』(共著/駿台文庫)ほか。岩波書店『日本史辞典』・小学館『日本歴史大辞典』・外務省外交史料館編『日本外交史辞典』(山川出版社)の資料編作成や執筆にも当たる。

タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと
タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと

 

《コメント》

週末には境内の掃除などをしていますので、見かけたらお声をかけてください。

ご来山をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で
チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で

 

《追伸》
個人で海外へお出かけになることを、強くお勧めします。旅行会社が企画する添乗員付きの団体旅行では味わえない、さまざまな出会いに恵まれるからです。往復の航空券はインターネットで即座に買えますし、ホテルも現地の駅前などで安宿が容易く見つかります(日本でホテルや列車を予約されると旅程の変更が難しくなりますし、高額になります)。

 

ウズベキスタンのサマルカンド近郊で
ウズベキスタンのサマルカンド近郊で

 

海外では、部屋を見せて貰ってから、宿泊を決めることも可能です(海外では普通のことです/これを国内で行いますと変人扱いされます)。

 

なお、現地で友人を作る秘訣は、以下の4点です。 現地の人たちと同じ目線で行動すること(同じ交通手段や食堂を使うこと)、現地の歴史や社会情勢について知っていること、一人で旅行すること、 挨拶や御礼くらいは現地の言葉を使うこと。

 

ご相談は、いつでもどうぞ!

ご連載とスプリングセミナーをご担当くださっていました加藤智見先生は、膵臓ガンのため8月30日にご逝去なさいました。慎んでお悔やみ申し上げるとともに、長年のご執筆・ご講義を心より御礼申しあげます。また、今井雅晴先生のご連載は、ご多忙のため第28回(7月1日)をもって修了とさせていただきました。長期のご連載ありがとうございました。皆さまのご愛読に心より感謝いたしております(9月17日)。

 

 

近頃「笑っちゃう」ことが多い。首相ともなればジョークのセンスも一流である。

  (1)

唯一の被爆国でありながら核兵器禁止条約への参加を拒否した国が、近くの国の核実験を非難できるのか? 「制裁・圧力を!」と冗談を繰り返すにも首相の顔が真剣である点が、役者として素晴らしい。

  (2)

政治空白を危惧して緊急事態条項を憲法に盛り込もうとしている政党の党首が、近くの国のミサイルが上空通過を繰り返している状況下で、衆議院を解散して政治空白を自ら招こうとしている。政治空白への危惧はどうした? 近ごろ物忘れが激しい当HP管理人と同じである点が、同年代の者として嬉しい。

そもそも、制裁・圧力の強化は強い反発を招くだけだということは、歴史を見ても明白であろう。

  (a)

蘭印の資源確保をめざした南部仏印進駐(1941.7.28)に対して石油の全面禁輸が行われると(註1)、日本政府はABCD包囲陣と喧伝して国内の引き締めを図り、海軍は真珠湾攻撃の準備を始めたのではなかったか?

  (b)

ヒトラーに裏切られた」ことを挙げ(管理人註:英仏両国の「宥和政策」を指す)(註2)核武装など対抗手段の強化に賛成する投書が新聞に掲載されていたが(朝日9月17日)、余りにも過酷なドイツに対するヴェルサイユ条約(1919.6.28)こそがヒトラーの台頭を許したのではなかったか?(註3) 果てしない核軍拡の果てに何か起こるか、想像してみてほしい。幸いに戦争に至らなくても、さらなる国庫の窮乏を招くのみである。

「制裁・圧力」を口にしながらも、水面下では外交交渉が続いていることを信じたい。……日独伊防共協定強化交渉の最中に独ソ不可侵条約が結ばれた時
(1939.8.23)のように(註4)、はたまた日本の頭越しに米中両国が接近しニクソン訪中の予定が発表された時(1971.7.15)のように、ハシゴを外されることがあれば日本外交の一大失策である。

 

でも、独ソ不可侵条約成立の際に平沼騏一郎首相が欧州の天地は複雑怪奇と発表して内閣総辞職(1939.8.28)した前例を踏襲すれば、「解散」の可能性もあるだろう。首相がそこまで見通しているなら、流石である。(9月19日)

 

《追伸1》

解散が決まったようであるが、さて「大東亜の天地は複雑怪奇」となるか?(9月23日)

《追伸2》

選挙へ向けて複雑怪奇な合従連衡が永田町で始まったことには驚いた。憲法と議会を無視する一強支配体制を倒すにはどうしたらよいのか…理念に殉ずることなく小異を捨てて大同に付くなど、有権者には一層の戦略的投票が求められよう。(9月30日)

 

註1:重慶で抗日戦争を続ける蔣 介石への物資援助…以下(歴史 の解説部分)は左端「これまで のつぶやき」部分に掲載してあ ります。註2~4同様です。

 

 
 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。