イラクとの国境近くでイランの軍人たちと
イラクとの国境近くでイランの軍人たちと

 《略歴》

稲田 真乗  Shinjo INADA。1957年3月、茨城県生まれ。早稲田大学法学部から同大学院法学研究科の修士・博士課程に進み、国際政治史を学ぶ。専門は19C後半~20C前半、特に第一次世界大戦前後の日本外交・東アジア国際関係史。その後、外務省外交史料館勤務その他を経て、現在は駿台予備学校世界史講師および当山代表。所属学会は日本国際政治学会・アジア政経学会など。「国境を越える旅」をテーマに海外各地を遍歴している。


《主要著書・論文》
「日本海軍とミクロネシアのドイツ領諸島」(多賀秀敏編『国際社会の変容と行為体』成文堂)、「米西戦争とドイツ」(早稲田大学『法研論集』第86号)、「日本海軍のミクロネシア占領とヤップ島問題」(早稲田大学『法研論集』第90号)、『テーマで学ぶ近現代の世界史60』(共著/聖文社)、『世界史B』(共著/ベネッセコーポレーション)、『世界史用語集ちゃーと&わーど』(共著/駿台文庫)ほか。岩波書店『日本史辞典』・小学館『日本歴史大辞典』・外務省外交史料館編『日本外交史辞典』(山川出版社)の資料編作成や執筆にも当たる。

タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと
タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと

 

《コメント》

週末には境内の掃除などをしていますので、見かけたらお声をかけてください。

ご来山をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で
チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で

 

《追伸》
個人で海外へお出かけになることを、強くお勧めします。旅行会社が企画する添乗員付きの団体旅行では味わえない、さまざまな出会いに恵まれるからです。往復の航空券はインターネットで即座に買えますし、ホテルも現地の駅前などで安宿が容易く見つかります(日本でホテルや列車を予約されると旅程の変更が難しくなりますし、高額になります)。

 

ウズベキスタンのサマルカンド近郊で
ウズベキスタンのサマルカンド近郊で

 

海外では、部屋を見せて貰ってから、宿泊を決めることも可能です(海外では普通のことです/これを国内で行いますと変人扱いされます)。

 

なお、現地で友人を作る秘訣は、以下の4点です。 現地の人たちと同じ目線で行動すること(同じ交通手段や食堂を使うこと)、現地の歴史や社会情勢について知っていること、一人で旅行すること、 挨拶や御礼くらいは現地の言葉を使うこと。

 

ご相談は、いつでもどうぞ!

「春の市民大学講座」(3月11日)は、ほぼ席が埋まっている状態でした。ご参加の皆さまのご声援、さらに多額のご寄付、ともにありがとうございました。

公開講座「解釈改憲の果てに」齊藤和夫先生は、自衛隊の追認と海外派遣を巡り憲法解釈の変更が積み上げられてきた過程を、解り易くお話くださいました。そのクライマックスが、あの集団的自衛権容認だった訳です。時間切れで「緊急事態条項」のお話を伺うことができなかったのが残念です(次の機会ですね)。

 

受講者アンケートを拝見させていただきましたが、皆さまの改憲問題への関心の高さを実感いたしました。知識を再確認して問題点を整理した上で、「なんとなく賛成or反対層」へ的を射た議論を広げていく必要があるように思いました。巧みなプロパガンダを行う政府の言うままにならない、賢い市民・国民でありたいものです。

セミナー「日本文化と仏教のかかわり―道元の教えを中心に―」では、皆川義孝先生が美しいスライドをお使いになりつつ、禅の思想が日本の食文化に大きく影響していることをお教えくださいました。公開講座の深刻さとは打って変わり、講義室はグッと和らいだ雰囲気です。終講後には「いやぁ~面白かった!」との声が…。永平寺で1年も修行された皆川先生ですので、お話に説得力がありました。また、立派な『英語対訳 典座教訓』を受講者の皆さまに頂戴しましたこと、駒澤女子大学さまに厚くお礼申し上げます。(3月12日)

 

次の「夏の市民大学講座」は、7月21~22日です。

詳細は左端下部の「公開講座・Spring & Summer Seminar のご案内」をご覧ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。