イスタンブールからバスを乗り継ぎトルコからイランに入ると、更に親日的な人々が。イラクとの国境近くでイランの軍人たちと。
イスタンブールからバスを乗り継ぎトルコからイランに入ると、更に親日的な人々が。イラクとの国境近くでイランの軍人たちと。

 《略歴》

稲田 真乗  Shinjo INADA。1957年3月、茨城県生まれ。早稲田大学法学部から同大学院法学研究科の修士・博士課程に進み、国際政治史を学ぶ。専門は19C後半~20C前半、特に第一次世界大戦前後の日本外交・東アジア国際関係史。その後、外務省外交史料館勤務その他を経て、現在は和光大学・駿台予備学校講師(国際関係史・世界史)および当山代表。所属学会は日本国際政治学会・アジア政経学会など。「国境を越える旅」をテーマに海外各地を遍歴している。現在の目標は、当山からリスボン&ロンドンまで陸路&水路のみで踏破すること。ほぼ完成しているが、カスピ海沿岸の通過が課題!  ・・・当山の「見返り橋」は、京都を経て世界に繋がっているのです。


《主要著書・論文》
「日本海軍とミクロネシアのドイツ領諸島」(多賀秀敏編『国際社会の変容と行為体』成文堂)、「米西戦争とドイツ」(早稲田大学『法研論集』第86号)、「日本海軍のミクロネシア占領とヤップ島問題」(早稲田大学『法研論集』第90号)、『テーマで学ぶ近現代の世界史60』(共著/聖文社)、『世界史B』(共著/ベネッセコーポレーション)、『世界史用語集ちゃーと&わーど』(共著/駿台文庫)ほか。岩波書店『日本史辞典』・小学館『日本歴史大辞典』・外務省外交史料館編『日本外交史辞典』(山川出版社)の資料編作成や執筆にも当たる。

ハノイから陸路でバンコクへ! タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと。
ハノイから陸路でバンコクへ! タイとの国境近くでカンボジアの子供たちと。
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと。次に陸路でウクライナ・ベラルーシ・バルト3国・フィンランドへ!
モスクワ「赤の広場」でトルコの青年たちと。次に陸路でウクライナ・ベラルーシ・バルト3国・フィンランドへ!

 

《コメント》

週末には境内の掃除などをしていることもありますので、見かけたらお声をかけてください。

 

ご来山をお待ちしています。

 

★スマホの方々へ

以下に《追伸》があります。

スクロールして、ご覧ください。

海外旅行の秘訣が載っています。

  

  ↓

  ↓

 

 

 

 

 

チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で
チュニジアからシチリア島へ向かうフェリーの中で

 《追伸》
個人で海外へお出かけになることを、強くお勧めします。旅行会社が企画する添乗員付きの団体旅行では味わえない、さまざまな出会いに恵まれるからです。往復の航空券はインターネットで即座に買えますし、ホテルは現地で(大抵は)容易く見つかります。海外では、部屋を見せて貰ってから宿泊を決めることも可能です(これを日本で行うと変人扱いされます)。

 

中国から陸路でカザフスタン・キルギスを抜け、再訪したウズベキスタンのサマルカンドは、summer festival の最中でした。
中国から陸路でカザフスタン・キルギスを抜け、再訪したウズベキスタンのサマルカンドは、summer festival の最中でした。

 

なお、近年では宿泊中のホテルでインターネットを利用して、前夜または当日の朝、次のホテルを予約することが多くなりました。便利な予約サイトが出来ていて、瞬時に空室状況がわかり割引価格で予約できます(掲載された写真に騙されることもあります)。

 

ところで、現地で友人を作る秘訣は、以下の5点です。 現地の人たちと同じ目線で行動すること(同じ交通手段や食堂を使うこと)、現地の歴史や社会情勢について知っていること、個人で旅行すること、 挨拶や御礼くらいは現地の言葉を使うこと。 いつも笑顔でいること(日本人は「無表情」な人が多すぎます)。

 

ご相談は、いつでもどうぞ!

新型肺炎感染予防のため、「春の永代経法要」は、非公開で勤行することになりました。御迷惑をおかけしますことを深くお詫びするとともに、皆さまのご健康を心から祈念しておりす。   

   (2020年3月24日)

 

「夏の市民大学講座」7月18日・19日の予定です。詳細は、左端下部の公開講座・Seminar のご案内をご覧ください。

   

冬期(11月中旬~3月下旬)の開門時間は8:30~16:00です。

 

4月以降も暫定的に上記の開門時間を続けます。ご自宅待機にお疲れになったためでしょうか御参拝の方が増えつつありますが、ご体調には十分にご注意ください。状況によっては閉門することも検討中です。       (3月30日)

 

 

 年末の強風も夜半には収まり、ここ北関東は穏やかな新年を迎えた。暖かい日差しの中でまどろんでいると、全てのことを忘れてしまいそうになる。一昨日に食べた食事が「もりソバ」であったのか「かけソバ」であったのかすら、記憶にない。諦めて机回りの整理をしていると、昨年4月に共に「」を見た友人たちの連絡先までなくしてしまった。


 ツマラナイことにこだわっていないで、溜まっている仕事に取り組むべきだと家族は笑う。しかし、正しい食事は健康の基礎であるし、住所録は交友関係に必須である。これらなしでは、真っ当な生活を送ることはできない。


 翻って考えて見るに、日本人は「水に流す」ことを好むようだ。新しい元号を歓迎して無批判に受容するなど、その典型である。しかし、昭和・平成・令和と替わるに従い「加害」の事実を水に流されては、被害者たちは堪らないだろう。「日本固有の文化」「国書からの初めての引用」として、新元号を受容する向きもあろう。しかし、元号は有名な前漢の武帝が採用したものだし、漢字自体が中国に由来しており、ともに日本固有の伝統や文化ではない()。


 あの震災より9年が過ぎようとしている。この間、「頑張ろうニッポン」のかけ声の下で、私たちの社会は発展してきたのだろうか? 民主主義は成熟したのだろうか? 「復興」を旗印に掲げたオリンピックも近い。金メダルの数に一喜一憂するような偏狭なナショナリズムを、自国でしか通用しない時間軸で過去を忘却しようとする国民を、そして贈収賄や忖度が横行して公文書や議会が軽んじられる政治を、大震災に対して暖かい援助の手を差し伸べてくれた世界の人々に、お目にかけたくないものである。
 全ては、日本列島に住む我々の意識にかかっているのだ。「バンザイ」の連呼など、もっての他である。

(註)

 忙中閑あり。年末にkindle「青空文庫」で藤村『千曲川のスケッチ』を、ようやく読み終えた。大学時代のクラブ山荘があるため、あの地域は毎年のように訪れている。登山とスキーと温泉で過ごした日々を想い出しながら…後記をみると、「大正1年」とあった。さて、その年に世界では何が起こっていたのか?

 大正1年=1912年と換算して初めて、浅間を仰ぎ見つつ藤村が過ごした山里の日常と、孫文が活躍した中国や大戦前夜の緊迫した欧州情勢が、重なり合って私の頭の中を駆け巡った。日本人の思考回路に元号使用が与える「負の影響」は、明白である。

  ちなみに、「1912年」と聞いても何も思い浮かばない人には、無責任に一票を投ずる前に、中学・高校生に戻ったつもりで歴史を学び直すことを強くお勧めしたい。歴史を知らずに現在を評価し、未来をデザインすることはできないのだから。    (2020年2月10日)

 

 

 庵田米の新米が入荷しました。宿坊にてお買い求めください。お電話でのご注文も承っています(郵送には送料がかかります)。詳細は、左側の「庵田米の販売について」をご覧ください。(2019年10月7日)

 

 

書籍の販売コーナー宿坊にございます。左端のおしらせ→書籍販売コーナー新設のご案内とお進みください(写真がご覧になれます)。また、当山のパンフレットオリジナル絵葉書その他の記念品があります。宿坊の売店にてお求めください。パンフレットと絵葉書は、ご本堂内にもございます。